プジョー、コンパクトな新型クロスオーバーSUV「2008」の公式画像を発表!
プジョーは、今年のジュネーブ・モーターショーで公開を予定している新型クロスオーバーSUV「2008」の公式画像を初公開した。

Related Gallery:Vimeo for Windows Phone

Related Gallery:Nanobrick Miyoul OLED media frames are for your luxurious inner-self

>>2008のスペックは...

その名前が表す通り、2008はプジョーの主力小型ハッチバック車「208」をベースとする "4桁バージョン" で、最近流行のコンパクトなクロスオーバーSUVとして仕立てられたモデル。昨年秋に開催されたパリ・モーターショーではコンセプトカーという形で出展されていたが、今回発表された画像によって、その市販モデルの姿が明らかになった。



基本的なエクステリア・デザインはパリで公開されたコンセプト・モデルとほぼ共通とはいえ、マットな蛍光色のボディカラーとブラック・パーツで精悍かつアグレッシブな雰囲気を醸し出していた「2008 コンセプト」に対し、フロント・グリルなどにクロームメッキのパーツを配した市販型はぐっと常識的かつコンサバティブにまとめられている。現在発表されているスペックは全長4.14m × 全幅1.74mという数値のみ。5ドア・ハッチバックの208よりかなり太いCピラーから分かるように、長さが18cmほど延長されたボディは広く使える荷室が特徴となりそうだ。フロント・グリルの位置を上げ、アンダー・ガードが付いた前後バンパーの下部とサイドシルを無塗装の艶消し黒で仕上げることによって、SUVらしい車高の高さを強調しているが、具体的に全高がどのくらいの数値になるのかはまだ公表されていない。

ラインアップされるパワートレインについても今のところ正式な発表はないが、現在208に搭載されている1.2リッター直列3気筒ガソリン・エンジンには新たに直噴システムとターボチャージャー付きが用意される見込み。SUVに必要な高トルクと環境性能を両立させようという考えだ。

一般公開は3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショー。「208では荷室が狭くて」と思われていた方にとっては、なかなか魅力的なモデルになるかも知れない。ただし市場ではライバルとなる「日産 ジューク」あたりと違って、駆動輪は前輪のみ、となる可能性も高い。あくまでも「都市生活者向けSUV」なので、オフロードを積極的に走り回りたい方には向かなそうだ。


Related Gallery:Vimeo for Windows Phone

 
Related Gallery:Nanobrick Miyoul OLED media frames are for your luxurious inner-self

 
【PR】プジョー 2008の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Mercedes Citaro Ambulancia (Dubái)

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:3M MPro 120

 
Related Gallery:Fotos de prensa del ratón Abyssus Mirror Special Edition

 
Related Gallery:Casio Exilim Zoom EX-Z90

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

 
Related Gallery:PSP Vita Hong Kong Launch Event

 
Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

 
Related Gallery:Microsoft Code Space

 
Related Gallery:Lemur fürs iPad