オートブログでは、様々な高級車を新品同様に磨き上げるプロの技をこれまで何度かご紹介してきた。最近では、イギリスのカーケア専門店、Polished Blissが途方もない労力と時間をかけて、フェラーリ「エンツォ」を磨き上げる過程を披露したビデオが記憶に新しい。今回はニューヨークの専門店、Ammo NYCのビデオをご紹介しよう。

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:PSP 瘦身版動手玩圖庫

Related Gallery:Samsung's "Holidays in July" 記者會
>>その気になる磨き方とは!?

映像では、子供のころから車磨きのプロとして世界一になることを目指していたという同社の創設者、ラリー・コシラ氏が、1980年代製のフェラーリ「288GTO」を研磨しながら、マニアックで奥深い車磨きのノウハウを教授してくれる。

コシラ氏によると、288GTOの難しさは、ボディがケブラー、アルミ、グラスファイバーという3種類の異なる素材からできている点にあるそうだ。それぞれの素材によって研磨の強さを調整する必要があり、その結果コーティング剤の効果も違ってくるのだという。

ビンテージカーを2日間かけてピカピカに磨き上げるプロの情熱とこだわりは一見の価値がある。早速、ビデオ(英語のみ)をクリックしてご覧いただきたい。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フェラーリの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう