アメリカ最大のスポーツイベントNFL「スーパーボウル」。このビッグイベントのTV中継で放映されるフォルクスワーゲンのCMが、毎年大きな話題となっている。ダースベーダーに扮した子供とその父親とのやりとりを描いた2011年のCM「The Force」は、ネット上で5,500万回以上も再生され、その年のフォルクスワーゲンの売り上げが35%アップするという結果につながった。反響の大きさに味をしめたフォルクスワーゲンは、翌年のスーパーボウルで、12匹の犬がダースベーダーのテーマソングを合唱するというなんとも可愛らしいCM「The Bark Side」を披露し、こちらも人気を博した。

アメリカ市場での売り上げを伸ばしたいフォルクスワーゲンにとって、来年2月に開催されるスーパーボウルのCMは、その絶好のチャンスだ。新CMの内容はまだ明らかではないが、大成功を収めた過去の"スターウォーズシリーズ"をしのぐ作品を生み出すのは容易ではないだろう。 では、2011年のCM「The Force」を見て、新しいCMを心待ちにしよう。詳細が気になる方はプレスリリース(英語)をご確認いただきたい。




By George Kennedy
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】コブラ・デロリアン・マクラーレンのミニカーを読者にプレゼント!
【PR】フォルクスワーゲンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Eton Boostsolar

Related Gallery:Sharp 32-inch 4K IGZO LCD monitors

Related Gallery:Incase Pro Snap Case for iPhone 5

Related Gallery:Samsung SM-N9006 on TENAA

Related Gallery:Amchael iFinger



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Number Pad

Related Gallery:Maxell MXSP-D240 iPod Dock

Related Gallery:LG OLED HDTV

Related Gallery:Microsoft Pivot

Related Gallery:Huawei Ascend P1

Related Gallery:Hands-On: Corning Gorilla Glass 2

Related Gallery:ASUS G51J 3D