中古車情報を掲載している米国の車売買サイト『CarGurus』が、中古車の16%に修復歴があるというレポートを発表した。

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Internet Braggers: 20 Things That *Definitely* Happened

Related Gallery:Chevrolet Sonic Dusk - Los Ángeles 2013

Related Gallery:Leighton Meester Photos

>>その正しい選び方とは!?

CarGurusが同サイトに登録された中古車、約200万台の履歴を調査したところ、22%の車はもともと社用車で、修復歴のある車の割合は個人所有の約2倍にも上るという。また、比較的新しいモデル(2009年-2011年)でも、8%の車には修復歴があり、なんと、その35%は社用車だったという。米国では修復歴のある車は、通常の中古車に比べ、3%から12%低い価格で販売されている。しかし、修復歴を隠して販売を行っている悪徳業者も数多く存在しているのが現実だ。

CarGurusは騙されないためには、車の履歴を調査してから購入するように注意を促している。お金をかけてでも、専門家に車の修復歴やメカニックトラブル、走行距離の偽装、リコールの有無などを調べてもらったほうが、長い目で見れば、大損をしないということだ。

あまり明るい話題ではないが、賢い消費者として「安物買いの銭失い」にはならないように注意したい。

By Michael Zak
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】コブラ・デロリアン・マクラーレンのミニカーを読者にプレゼント!
【PR】中古車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Internet Braggers: 20 Things That *Definitely* Happened

Related Gallery:Chevrolet Sonic Dusk - Los Ángeles 2013

Related Gallery:Leighton Meester Photos

Related Gallery:Toyota FT-86 Concept in the Studio

Related Gallery:Kazam Thunder and Trooper smartphones

Related Gallery:



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:注目のダルビッシュのデビュー戦!!

Related Gallery:NVIDIA Shield 將於 9 月底登陸香港,售價約 HK$2,500

Related Gallery:

Related Gallery:Rolls-Royce 102EX

Related Gallery:Sony z200ir

Related Gallery:Samsung YP-M!

Related Gallery: