米の銃による死亡者の数が2015年には、交通事故による犠牲者の数を上回るという分析結果が発表された。分析を行った米疾病対策センター(CDC)は、過去10年の統計に基づき、2015年の銃による死亡者の数が3万2929人にまで増えると予想。それに対して交通事故による犠牲者は3万2036人にまで減るとしている。

>>その分析結果とは?

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Colorfly

Related Gallery:Lexus GS450h 2012

Related Gallery:

これは、車の安全性が高まっているのに対し、銃規制が進んでいないためだ。「どんな状況にある人でも、あらゆる種類の銃器にアクセスできるような政策が招いた結果だ」と、カリフォルニア大学デイビス校のある教授は今回の発表についてそう話している。

ニュースサイト『ブルームバーグ』のデータによれば、米の交通事故による死亡者数は、1979年の5万3524人をピークに減少している。一方、銃による死亡者は1993年の3万7666人をピークに2000年には2万8393人にまで減ったが、その後は徐々に増加している。

先日も米東部で起きた銃乱射事件により、何の罪もない子供たちが命を奪われたばかり。交通事故による犠牲者はもちろんだが、銃による犠牲者もこれ以上増えてほしくないものだ。




By: AOL Autos Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】コブラ・デロリアン・マクラーレンのミニカーを読者にプレゼント!
【PR】車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Colorfly

Related Gallery:Lexus GS450h 2012

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Windows 8 mockups from 2010


<人気フォトギャラリー>