【ビデオ】リコール対象のアキュラ車から火が! 撮影者のレクサス社員はなぜか興奮
今回は、カナダのオンタリオ州ブランプトンにあるアキュラのディーラーで、2008年型「アキュラTL」が炎上した時の様子を収めた映像を入手したのでご紹介しよう。

>>衝撃のアキュラ炎上のようす

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Apple TV, take 2 動手玩!

Related Gallery:Sony S1 主站動手玩

Related Gallery:

このビデオを撮影したのは、隣にあるレクサスディーラーの従業員で、興奮しながらニュースのレポート風に撮影。「レクサスなら火災など引き起こさないからとオーナーにセールスしてみよう」や「下取り車として持ち込んだアキュラTLが炎上してしまった」とコメントしている。

ところがこのビデオをオートブログ(米版)で以前に紹介したところ、なんと、火が出た同車のオーナーからオートブログにメールが届いた。そのメールによるとオーナーは下取り車としてTLをディーラーに持ち込んだのではないという。実は、2007年型と2008年型のアキュラTLは今年5月に発表されたリコールの対象車。パワーステアリングホースの劣化による内部の液漏れが見つかり、パワーステアリングが効かなくなるケースや最悪は発火する場合も考えられるとのことでリコールされた。対象車は当時5万3000台といわれていた。今回のアキュラは正にその対象車。メールによれば、ディーラーは修理を終え、同車を保管していたが、修理から24時間もたたないうちに今回の火災が発生したという。ちなみに、ディーラーやHonda Canada INC.はオーナーに対し、今回の火災に対し責任を取るつもりはないと話しているそうだ。

それでは早速、車の炎上と消防士による消火作業をご覧いただきたい。



By Mark Pereira
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】コブラ・デロリアン・マクラーレンのミニカーを読者にプレゼント!
【PR】アキュラの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

Related Gallery:

Related Gallery:Maxell MXSP-D240 iPod Dock
Related Gallery:

Related Gallery:Alienware OptX AW2310 3D-Monitor
Related Gallery:

Related Gallery:XGPS300 Navigation Cradle