運送会社大手の佐川急便は"エコプロダクツ2012"にて光岡自動車が先日発売を開始した電気自動車「Like T3」をベースにした宅配車両の実証実験モデルを公開した。


ベース車両となっている「Like T3」は、普通免許で運転できる超小型3輪EVであり、車検や車庫証明は不要。最大積載量は100kg。ヘルメットやシートベルトの装着義務も課せられない。簡単に言うとトライクと呼ばれる3輪バイクのEV版のような仕様となっている。

家庭用の100Vで充電が可能なので、わざわざガソリンスタンドへ給油に行く必要はない。ただし、急速充電には対応していない。バッテリーの仕様は40km/hの定地走行で約40km走れるSグレードと約60km走れるLグレードの2種類がベース車両に設定されている。ちなみに最高速度は60kmとなっている。


乗車定員は2名。ドアは無く、規制回避のためにステアリングもバイクに近い仕様となっている。運送業務として使うのであれば、1名乗車でも良いのではと思ったが、佐川急便の担当者によると2名乗車は同社の規定の運行指導をするためには助手席に必ず指導者が乗る必要があり、2名乗車できる仕様は必須であるとの説明があった。


佐川急便仕様としての特別装備は、雨天時を考慮したオリジナルキャノピー、セキュリティキー付きの左サイドオープンの専用荷台ボックスなどとなっている。フロントにワイパーがないため、雨天では運転はどのようにしているのかと担当者に確認したところ、雨天の走行は実証実験として行っていないとのことだ。現状はトラックの代わりではなく、小道での代車配送の代わりとしての用途を見越して実証を行っているとのことである。

排気ガスを出さず狭い小道もらくらく通れる「Like T3」は、今後の宅配業務の主流となりえるかもしれない。

Related Gallery:ECO PRODUCTS 2012-2


【PR】コブラ・デロリアン・マクラーレンのミニカーを読者にプレゼント!

【PR】ライクT3の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:mitsuoka-himiko

Related Gallery:Mitsuoka Orochi Premium Gold

Related Gallery:Beijing 2010: Mitsuoka Galue

Related Gallery:mitsuoka rickenbacker

Related Gallery:Mitsuoka Orochi


<人気フォトギャラリー>

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-04

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-04

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-03

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-06-05

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-02

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-06-01

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-01

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-05-02

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-05