マイチェンしたら評価が一変! 新型アコードが米消費者情報誌で高評価
Related Gallery:历代 X-Cap 动手玩(Hands-on)

9月に北米で発売されたホンダの新型「アコード」が、米消費者情報誌『コンシューマーリポート』で高評価を得た。同誌は昨年、2012年型「シビック」についてかなり厳しい評価を下していた。
コンシューマーレポートの発表によると、2013年型「アコード」は4気筒の中型セダン部門で、トヨタ「カムリ」やヒュンダイ「ソナタ」をかわしトップの評価を得た。燃費の良さ、なめらかなCVT(無段変速機)、高い操作性などが魅力的で、試乗者は「このクラスでは、最高の乗り心地」とコメント。

「オプションのレーン・ウォッチと呼ばれるシステムは、斜め後方の車両を画像で確認できるが、実際にはドライバーの死角を完全にカバーできていない」という問題点も指摘されたが、先代の評価に比べれば雲泥の差だけに、ホンダも満足しているはずだ。このテスト結果の詳細は同誌のホームページで確認できる。

今回の結果は、コンシューマーリポートの2月号にも掲載される予定だが、詳細を知りたい方は是非プレスリリース(英語)をチェックして欲しい。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:历代 X-Cap 动手玩(Hands-on)


【PR】コブラ・デロリアン・マクラーレンのミニカーを読者にプレゼント!
【PR】アコードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:OKWAP C100 Dual

Related Gallery:Ukraine Protests

Related Gallery:

Related Gallery:Nuevos televisores Mitsubishi Serie iSP 149

Related Gallery:



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

Related Gallery:Akoya Medion T3 Netpad

Related Gallery:Lytro Pressebilder

Related Gallery:iPhone OS 3.2

Related Gallery:PSP Vita Hong Kong Launch Event

Related Gallery:Designer Androids

Related Gallery:Yamaha Pocketrak C24: Engadget Deutschland Hands-On

Related Gallery:Evolve Motorcycles Lithium