イタリアの自動車メディア『クアトロルオーテ』が18日に報じたところに寄ると、ロンドンで開催されたゴールドマン・サックス主催の自動車産業に関する会議において、フィアット・グループは今後数年の間にアルファ ロメオ・ブランドに新型車9車種を投入すると発表したという。

今回発表された9車種は、コンパクト・クラスのいわゆるBセグメントに1車種、フォルクスワーゲンの「ゴルフ」が代表するCセグメントに1車種、ミドル・クラスのDセグメントには3車種、そしてアッパー・ミドル・クラスのEセグメントにも1車種、さらに「スペシャルティ」と呼ぶセグメントに3車種。具体的なモデル名は明かされていないが、これまで入って来ている情報を元に推測してみよう。

まずBセグメントとCセグメントには、それぞれ「MiTo」(下の画像:左)と「ジュリエッタ」(下の画像:右)の後継またはアップデート・モデルが、『クアトロルオーテ』によれば来年2013年に発表される見込みだそうだ。そして「159」の後継となるDセグメントのニュー・モデルは「ジュリア」と名付けられ、セダンとステーションワゴンに加え、同じプラットフォームを利用したSUVも計画されているという。このモデルはフィアットのセルジオ・マルキオンネCEOが先月『オートモーティブ・ニュース』によるインタビューの中で「十分に開発は進んでいる」と答えている。


Related Gallery:Top 5 Most Exciting Cars of Detroit 2013

 
Related Gallery:Lenovo IdeaPad Miix 10

 
ここまでは特に新しい情報でもない。興味深いモデルは「メルセデス・ベンツ Eクラス」や「BMW 5シリーズ」などの強豪がひしめくEセグメントに導入されるという新型車だ。これは現在開発が進められている(下の画像)マセラティの新しい4ドア・セダン(「ギブリ」の名前が復活するという)とプラットフォーム及びコンポーネントを共有することが明言されており、実に20数年ぶりに後輪駆動のアルファ ロメオ・セダンが復活することになる。デビューは2013年中頃から2014年になると予想されている。


Related Gallery:

 
そして3車種が予定されているという「スペシャルティ」セグメントだが、これはすでにご存じのように、次期「マツダ ロードスター」のアーキテクチャをベースに広島で生産される予定のオープン2シーター・スポーツカー(名前は「デュエット」になるのではないかと言われている)がまず1つ。これは2015年登場と言われている。そしてカーボンファイバー製シャシーにエンジンをミドシップ・マウントする "小さなスーパーカー" 「4C」(下の画像)と、その派生モデルすなわちオープントップ・バージョンが残りの2車種であると考えられる。これらは公約通りであれば、まず2014年に4Cが販売開始、1年後にオープントップ版の「4Cスパイダー」が追加されることになっている。


Related Gallery:

 
Related Gallery:Mercedes-Benz SL 2012 (filtraciones)

 
なお、今回ロンドンにおいて発表されたこれら9車種については、セグメントと同時に価格帯のマップが公表されており、具体的な数字は書かれていないのだがそれを元にざっと予想してみると、まずBセグメントではMiToの後継車が150〜250万円前後、Cセグメントのジュリエッタ後継(またアップデート・モデル)は200〜350万円、Dセグメントのジュリア・ファミリーが300〜500万円、Eセグメントのニュー・モデルは400〜550万円。そしてスペシャルティ・セグメントでは、デュエットが300〜400万円、4Cは550万円前後、4Cスパイダーが600万円前後と、まあ、そんな感じになりそうだ。もちろん日本における販売価格はやや異なると見られるが。

今後アルファ ロメオは「グローバル」で「プレミアム」なブランドとして2016年までに30万台/年を目指すとのこと。ちなみに2011年の販売台数は13万台に過ぎず、それがなぜ5年で2倍以上に拡大できるのかといえば、北米・中東・アジアにおける大幅な販売成長が見込まれるから。と、フィアットは(投資家に向けて)言う。

気がつけば9車種のうち4車種が後輪駆動(プラットフォームで分ければ半数)。しかもFFあり、FRあり、ミドシップあり、SUVあり、オープンあり、ハッチバックあり、クーペあり、セダンあり、ワゴンありと、アルファ ロメオ・ブランドだけで、超小型車と超高級車以外はほとんどなんでも揃うことになる。フィアットはもちろん、マセラティやマツダにまで協力を仰いで実現するフル・ラインアップとはいえ、それらが全て「アルファのDNAであるスポーティネスとパフォーマンスとスタイルに焦点を合わせたモデル」になるというから、まずは楽しみに待とうではないか。


【Source: Quattroruote

【PR】コブラ・デロリアン・マクラーレンのミニカーを読者にプレゼント!

【PR】アルファ ロメオの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

 
Related Gallery:Honda OSM

 
Related Gallery:Sonic the Hedgehog 2 [iOS/Android] (Hidden Palace Zone)

 
Related Gallery:Lenovo Miix2 de cerca

 
Related Gallery:Vauxhall Astra GTE 16v

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Designer Androids

 
Related Gallery:Motorola RAZR - chinesische Varianten

 
Related Gallery:Art Lebedev Mini Six

 
Related Gallery:iNuke Boom

  
Related Gallery:LG OLED HDTV