Related Gallery:Lenovo Thinkpad Helix


金融情報サイト『ブルームバーグ』が先日、"メルセデス・ベンツに対する投資家の評価はBMWの半分"という分析結果を報告した。BMWの時価総額は約5兆300億円、ダイムラー(メルセデスの親会社)は約4兆7200億円。しかし、このダイムラーの数字からトラック部門の収益を差し引くと、2兆7900億円となる。
2006年にディーター・ツェッチェ氏がダイムラーの最高経営責任者(CEO)に就任した際、「2020年までに販売台数を現在の2倍(約260万台)に伸ばし、2005年以来他メーカーに奪われていた高級車部門の売上げトップの座を奪回する」と宣言。近年はメルセデスとBMWがその座を巡り激しい競争を繰り広げ、2年前にはダイムラーの収益がBMWよりも多い約1兆6800億円だった。

一見好調に見えるメルセデス・ベンツだったが、今年9月ツェッチェ氏は「2012年の利益見通しを下方修正し、来年の利益目標を撤回する必要が出てきた」と発表。『ブルームバーグ』によると、「ブラジルに新工場を設立し、電気自動車をはじめ新モデルの開発に意欲を見せるBMWに対し、メルセデスはチャレンジ精神が欠けているように感じられることが、投資家からの支持を得られない理由ではないか」と伝えている。事実、メルセデスの株価は2006年以降、10%低下したのに対し、BMWは89%の伸びを見せている。

今後の両社の動向に注目したい。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】コブラ・デロリアン・マクラーレンのミニカーを読者にプレゼント!
【PR】メルセデスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:Lenovo Thinkpad Helix

Related Gallery:Dell XPS 12 hands-on

Related Gallery:Stycom Dockcard GSIII

Related Gallery:Stycom Light microUSB

Related Gallery:Memoto Automatic Lifeblogging Camera hands-on


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:iNuke Boom

Related Gallery:Akoya Medion T3 Netpad

Related Gallery:Atomic Floyd SuperDarts Details

Related Gallery:USB-Schutrockner

Related Gallery:Abyss Board

Related Gallery:Yinlips Vita Ripoff

Related Gallery:Android Figuren

Related Gallery:Whill: Rollstuhl trifft Segway