貴重な車の展示で有名な米の自動車博物館が初めて地下の自動車保管を公開!
米国カリフォルニア州ロサンゼルス市にあるピーターソン自動車博物館は、1994年6月にオープンして以来、その展示内容には定評がある。展示スペースには常時150台ほどの車が展示されており、それ以外の所有車は地下に保管してある。先日、そんな同館の地下自動車保管場所が初めて期間限定で一般公開されているというニュースが入って来たのでお伝えしよう。

開催期間は12月15日から1月6日まで。期間中、一般展示場には約150台、地下には約250台の車が展示されているというから見応えがありそうだ。地下には、通常かなり厳重なセキュリティのもと保管されている貴重な車ばかりが陳列されているので、自由見学ではなくガイド付きのツアーに参加しなければならない。しかし1グループ10名以下の編成で、時間は1時間以上ということなので、ゆったりと見学できるのは間違いない。参加料金は、一般入場料12ドル(約1000円)に加えて25ドル(約2000円)の地下ツアー代が必要。若干高めの設定だが、"Round Door"で知られるロールス・ロイス「ファントム・エアロダイナミック・クーペ」もあるとのことなので、払う価値は十分ありそうだ。

余談になるが、2年ほど前にオートブログでお伝えした「ブラックビューティー・クライスラー・インペリアル」をお覚えだろうか。同車は米国で人気のコミックシリーズを映画化、ドラマ化した『グリーン・ホーネット』で、謎のヒーローが乗っていた改造マシンだ。実はオートブログの記者は、ドラマ撮影終了時にその車が保管されている同博物館の地下室見学ツアーのお誘いをいただいた。もちろん2つ返事で同行したのだが「絶対に口外しない」とういう条件付きだった。しかしもう秘密を守る必要はなく、数々の名車が一般公開されたことを非常に嬉しく思う。

この時期西海岸に行かれる方は、ぜひ同博物館に寄ってみてはいかがだろうか(ただし12歳以下のお子さんは地下に入場が出来ないので要注意)。この展示についての詳しい情報はプレスリリース(英語)をどうぞ。

Related Gallery:Samsung Smart TV with Google TV 主站動手玩(hands-on)


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】読者プレゼント シェルビーコブラデロリアンとマクラーレンのミニカーをそれぞれ3名様に
【PR】ファントムの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:MSI Meetup SG

Related Gallery:

Related Gallery:Xperia Mini & Mini Pro Hands-On

Related Gallery:BMW X5 2010 (filtraciones)

Related Gallery:



<人気フォトギャラリー>

Related Gallery:

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

Related Gallery:SoulCalibur V (TGS 2011)

Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

Related Gallery:Oregon Scientific Time & Wireless Charging Stations hands-on

Related Gallery:Art Lebedev Optimus Popularis

Related Gallery:GM Windows of Opportunity applications