【ビデオ】驚愕! ホントにMINIの運転する犬たち!! ※CGではありません。
今回お伝えするのは、クリスマスの奇跡でも、車の特撮CMでもない。れっきとした事実だ。ニュージーランドにある動物保護団体(SPCA オークランド)が、施設で保護した犬に運転を教えたところ、3匹の犬が実際にサーキット内を運転できるようになったという。

運転するのはポーター、ジニー、モンティの3匹だ。ポーターは捨てられ、ジニーは虐待されていたところを保護された。また、モンティは飼い主がSPCAに「引き取ってくれ」と持ち込んだようだ。しかし、そんな過去にもめげず、犬たちは特別仕様のMINI「カントリーマン」に乗り込むとシートベルトを着用。前足でスタートボタンを操作し、驚くことにアクセルもブレーキもお手のもの。しかし、訓練を始めた当初は、ポーターとジニーはよく車酔いになってしまったとか。

SPCA オークランドは今回の試みを、保護される犬たちがどれだけ人間に従順で賢いかをアピールし、もっと愛犬を大事に扱って欲しいというメッセージにしたかったのだという。ちなみに、犬たちに一般道を運転させたことはないそうだ。

まだ半信半疑の人は早速5本のビデオを見てみよう。そこらの人間よりポーターのパーキングはうまいかもしれない!












By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】京商のスロットカー「Dslot43」をセットでAutoblog読者にプレゼント!
【PR】MINIの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Haier Flybook V5/VM

Related Gallery:Windows Phone 7 Series Interface

Related Gallery:Intel's Haswell solar-powered computer at IDF

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:




<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

Related Gallery:OCZ Colossus SSD

Related Gallery:Motorola RAZR - chinesische Varianten

Related Gallery:GoodGuide iPhone-App

Related Gallery:Ferrari Millenio Konzept

Related Gallery:Microsoft Code Space

Related Gallery:Art Lebedev Mini Six

Related Gallery:iPhone OS 3.2

Related Gallery:Art Lebedev Optimus Popularis