【ビデオ】豪警察が使用中止を呼びかけたアップルの地図アプリの詳細を映像で!
オーストラリア警察が、誤表記などの問題が続出しているアップルの地図アプリを「人命を脅かしかねない」として使用を避けるよう呼びかけた件は、すぐに世界中のメディアで報道され、日本でも話題となった。今回はこの地図アプリの詳細をレポートした映像をご紹介しよう。

使用停止を呼びかけたビクトリア州警察によると、アプリ上では同州にあるミルデューラという町が、正しい位置より約70km南西にあるマレー・サンセット国立公園(ビクトリア州で2番目に大きな国立公園)に表示されていた。そのため、地図を信じてミルデューラに向かっていたドライバーたちは、知らず知らずのうちに国立公園の奥地に迷い込み、遭難するドライバーが相次いだという。このような事故は、ここ2カ月で6件も報告されている。

国立公園内には水道設備がなく、携帯電話の電波も届かない。また、オーストラリアは現在真夏のため、気温が摂氏46度に達することもある。救助された遭難者の中には、水も食料もない状態で24時間過ごし、携帯電話の電波が届く場所まで危険を冒して長時間歩き続けた人もいたという。

警察は今回の事態を受け、アップル社に対して速やかな修正を求めるとともに、この問題が解決されるまでは他のマップを利用することをドライバーに推奨している。

更に詳細を知りたい方は、ビデオをご覧いただきたい。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:
Related Gallery:
Related Gallery:N+ew
Related Gallery:Boxx