10月末に米国東部を襲った超大型ハリケーン「サンディ」の傷跡が残るニューヨークから驚きのニュースが入って来たのでお伝えしよう。

米『ニューヨーク・ポスト』誌によると、ニューヨーク市のレッカー業者が違反していない車を勝手にレッカーし、持ち主が車の返却を求めると現金での支払いを要求。従わなかった場合は車を返さないと脅かしているという。しかもそういった詐欺行為を行っているレッカー業者が"山ほど"いるというのだ。

例えば、ブルックリンにあるレッカー会社ファストウェイはこうした詐欺目的で、1時間に20台ものレッカー移動を行ったという。被害者の1人は、同誌の取材に対し、ファストウェイから車を返して欲しければ日本円でおよそ1万6,000円を支払うよう要求され、取りに行くのが1日遅れるごとに8,000円を加算すると言われたという。また、ファストウェイ以外にも、サンディによってダメージを受けた車を見つけると、所有者の許可なく、スクラップ業者に売却する目的でレッカーを行い逮捕された業者。洪水被害が大きかった地域から勝手に車を運び出して保管し、その保管料として持ち主に19万円を請求した業者もいるという。ニューヨーク消費者問題局によれば、こうした詐欺行為により50社以上のレッカー業者が免許取消し処分を受けているとのことだ。

ハリケーンの混乱に乗じた犯罪は、2005年にルイジアナ州ニューオーリンズを襲った「カトリーナ」の時にも起こっている。ハリケーンの被害に遭った人たちを狙う犯罪を撲滅し、1日も早く心安らかな日々が戻ってくることを願う。それにしてもNYは恐い街だ...。

Related Gallery:HTC 中国发布 8X 及 8S


By: AOL Autos Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Mazda Ryuga

Related Gallery:Mazda Hakaze

Related Gallery:Speed Racer (Meteoro)

Related Gallery:Maserati GS Zagato

Related Gallery:Force India VJM01

Related Gallery:Chevrolet Aveo (tres puertas)

Related Gallery:注目のダルビッシュのデビュー戦!!

Related Gallery:

Related Gallery:Sony z200ir