生産終了になったはずのサイオン「xB」がマイナーチェンジをして復活!
今年4月に生産中止が発表されたサイオンのハッチバック「xB(日本名:カローラルミオン)」と「xD(日本名:ist)」。当時、副社長みずから「マイナーチェンジモデルの生産予定はない」と明言していたが、このほどトヨタが発表した2013年の価格改定リストにサイオンxBが含まれていることがわかった。
生産終了になったはずのサイオン「xB」がマイナーチェンジをして復活!
上の画像がxBの新型モデルで、新しくなったフロントバンパーやLEDライト付きのフロントグリル、黒いリヤディフューザーが目を引く。ボディカラーには、スティングレイ・メタリックやエルーシヴ・ブルーといったカラーに代わり、アブソルートリー・レッドやノーティカルブルー・メタリックが採用されるという。内装にはライトブロンズ・メタリックにクロームメッキのアクセントが付き、シート素材も新たになったほか、プラス4万円のオプションでiPhone、iPod Touchが使用できるプレミアム・オーディオシステム「BeSpoke」も搭載可能だ。価格はMTモデルが約139万円から、ATモデルが146万円からとなっている。

一方、xDは今年7月に2013年モデルのマイナーチェンジが発表されたにもかかわらず、今回のプレスリリースには含まれていない。ちなみに、2013年型モデルにはスモークのヘッドライトカバーの採用とエアーバッグの増加、オプションでツートンのボディカラーが取り入れられること、価格が約1万円アップの136万円となることが決まっているが、なぜか現時点でもサイオンのウェブサイトでは2012年モデルが紹介されたままだ。

詳しい情報は、プレスリリース(英語)でご確認いただきたい。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Canon EOS M 感光度比較(ISO TEST)


【投票開催中】 読者と選ぶ! Autoblog版「カー・オブ・ザ・イヤー」やります! -輸入車編-
【PR】京商のスロットカー「Dslot43」をセットでAutoblog読者にプレゼント!
【PR】サイオンの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:PulseWallet hands-on at CES 2014

Related Gallery:Samsung's 64GB SATA II SSD

Related Gallery:A visual tour of Android's UI

Related Gallery:Olympus SP-810UZ, primeras imágenes

Related Gallery:Nokia Lumia 800, fotos oficiales



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Hands-On: Samsungs WiFi-Kameras

Related Gallery:N+ew

Related Gallery:Boxx

Related Gallery:Maxell MXSP-D240 iPod Dock

Related Gallery:Microsoft Pivot

Related Gallery:MoneyMaker: SLR-Retrohalter