プロ・ドリフト・ドライバーのライアン・トゥレックが、「ドリフト・アライアンス」のチーム・メイト、クリス・フォースバーグとともに、ゲーム形式でテクニックを競い合った。

ドリフトしながら車の最後部をバレル(樽)にギリギリで当てる「バレル・タップ」、手に持った液体をこぼさないようにコースを走る「ダブル・デア・ドリフト」などゲームの種目はいろいろ。相手より攻め切れなかったり、失敗したりした場合は、「D」「R」「I」「F」「T」の順でマイナスポイントが付き、先に「DRIFT」の5文字がそろった方が負け。ゲームが進むにつれて車はボロボロになり、2人のテンションも上がっていく。

車は双方ともに日産「240SX」のドリフト仕様。勝負は互角かと思いきや、意外なほど大差がついた。どちらが勝ったかは、下のビデオを見てのお楽しみだ。


By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】京商のスロットカー「Dslot43」をセットでAutoblog読者にプレゼント!
【PR】日産の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:ZTE Grand S (V988) on TENAA

Related Gallery:Meizu MX3 評測(相機拍攝樣本)

Related Gallery:愛國者 Aigo MID

Related Gallery:PQI Thumb Drive1 CES 2008

Related Gallery:iRobot Ember microbot



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

Related Gallery:GoodGuide iPhone-App

Related Gallery:Lytro Pressebilder

Related Gallery:PSP Vita Hong Kong Launch Event

Related Gallery:XGPS300 Navigation Cradle

Related Gallery:Designer Androids

Related Gallery:Evolve Motorcycles Lithium