先月初めに四輪事業からの撤退に伴う更生手続きを申請したアメリカンスズキモーター社に対し、裁判所は先日、最高で約82億円の融資(DIPファイナンス)を認める決定を下した。

アメリカンスズキモーターに融資される82億円のうち半分は更生手続きに使われるが、あとの半分は、いまさら奇妙に聞こえるかもしれないが、販売する車の購入費用として使われる可能性が出てきた。同社は四輪撤退を発表した後、ディーラーが抱えている在庫を一掃するために特別割引キャンペーンを導入したが、これが功を奏して先月の販売実績が昨年の同期と比較して22%上昇。そのため、新たに2500台を親会社のスズキから購入する予定だという。

スズキ車のオーナーにとっての朗報は、これまでの売上98%を占めてきた上位50のディーラーが、今後はスズキ車のサービスセンターに移行することだ。詳細については、プレスリリース(英語のみ)を読んでみよう。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】京商のスロットカー「Dslot43」をセットでAutoblog読者にプレゼント!
【PR】スズキの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:itmonth_2010_toplay_earphone

Related Gallery:Mirasol concept smartphone eyes-on at SID 2011

Related Gallery:

Related Gallery:ASUS G55/G75, imágenes oficiales


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Atomic Floyd SuperDarts Details

Related Gallery:GoodGuide iPhone-App

Related Gallery:Abyss Board

Related Gallery:Yinlips Vita Ripoff

Related Gallery:Whill: Rollstuhl trifft Segway

Related Gallery:Yamaha Pocketrak W24: Engadget Deutschland Hands-On

Related Gallery:Number Pad