【レポート】「ブレーキが効かない! じゃ、足で止めよう」を実践した男の悲劇
車を運転中にブレーキが効かなくなったら、あなたはどうするだろうか。今回、そんな最悪の事態に遭遇してしまった男性のケースをご紹介しよう。

ブライアン・レイノルズさんは、マサチューセッツ州セーラムにある公園付近をシボレーのピックアップトラックで走っている最中、突然ブレーキが効かなくなってしまった。慌てた彼はドアを開け、アニメの『フリントストーン』さながら自分の足で車を止めようとしたのだ。

地元のニュースを伝えるサイトによると、足で車を止めようとしたレイノルズさんは、運転席から投げ出された上、自分の左足を愛車に轢かれてしまったという。ちなみに、愛車は、消火栓に衝突して止まったのだとか。

レイノルズさんのけがの程度について詳細は伝えられていないが、病院に運ばれた彼は、整備不良車を運転したということで警察から違反切符を切られたらしい。まさに"泣きっ面に蜂"だが、このようなことにならないよう、ブレーキが効かなくなった車を止めるには「まずはサイドブレーキを引く」と覚えておこう。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【捕捉】 rakugakidou.net mudana.net
【PR】京商のスロットカー「Dslot43」をセットでAutoblog読者にプレゼント!
【PR】ブレーキの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!