メルセデス・ベンツといえば、かつてはDas Beste oder nichts(最善か、無か)の企業スローガンを掲げ、最善でなければ、それ以外は無と同じというほどに、徹底してモノづくりへこだわりを持ったスタイルを貫いてきた。時が経過し、今はそのようなことが言われなくなったが、エントリーモデルの新型Aクラスでもその真髄が感じられるような徹底したテストを繰り返していようだ。メイキングビデオではその様子が公開されているので紹介しよう。


自動車の安全性といえば、衝突時の人身保護性能が重要。ヨーロッパの自動車衝突テストであるNCAP(= New Car Assessment Program)によると、初代Aクラス(1999年モデル)が4スターであったのに対し、2世代目(2005年モデル)が5スターとランクアップ、そして今回登場する3世代目は、2世代目同様の最高ランクの5スターを獲得している。2011年モデルのCクラスクーペと比較しても相対的に高評価となっている点も最善が追求されている一端であろう。メルセデスのラインナップの中では最もローコストなモデルとなっているが、安全性に手抜きは無いのだ。


衝突する前の安全性についても抜かりない。エントリーモデルのAクラスと言えども、レーダー型衝突警告システム、CPA(コリジョン・プリベンション・アシスト)が装備される。障害物や前走車と衝突する危険性がある場合に、光と音でドライバーに警告。前走車との車間距離が近すぎる場合には警告灯が点灯、前走車や障害物に2.6秒以内に衝突する可能性がある場合に警告灯と警告音が作動するのだ。(作動条件の詳細は公式HPを参照のこと)

メルセデス・ベンツといえば価格が高いイメージがあるが、安全性を買うという観点で考えると新型Aクラスは案外お買い得な車ではないだろうか。安全性を重要視するユーザーは一考の価値ありだ。



Related Gallery:Mercedes Benz 2012 A-class making


【PR】京商のスロットカー「Dslot43」をセットでAutoblog読者にプレゼント!

【PR】Aクラスの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:2012 Mercedes-Benz A-Class First Drive Photos

Related Gallery:2012 Mercedes-Benz A-Class Photos

Related Gallery:2012 Mercedes-Benz A-Class 2012 Geneva Photos

Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-05

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-04

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-03

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-02

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-01