モデルとのゴシップや、米経済誌『フォーブス』の"最もホットな若手王族トップ20"で9位に選ばれるなど、その端正な容姿で注目を浴びているスウェーデンのカール・フィリップ王子。そんな彼がボルボ・ポールスター・レーシングの一員となり、来年のスカンジナビアツーリングカー選手権(STCC)に参戦するとの情報が入った。王子はボルボと公式パートナーであるポールスター・レーシングが共同開発したレース仕様の「S60」のハンドルを握るという。
王子は2008年のポルシェ カレラカップ スカンジナビアで初めてレースに参戦。2010年には同レースで11位という成績を残した。また、同年のポルシェ GT3耐久レースで優勝し、今年のスウェーデンGTのGTBクラスでは4位となるなど、かなり積極的にレースに参加している。

彼にとって大きなステップアップとなるスカンジナビアツーリングカー選手権(STCC)への参加について、フィリップ王子は「STCCは国内で最高レベルの選手権なので、気をひきしめていきたい」と語っている。

さらに詳しい情報が知りたい方は、ぜひプレスリリース(英語)をチェックしてみよう。

By George Kennedy
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Hisense U958


【PR】レースマシンの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!