トム・クルーズも大好きなサリーンから最高出力710psの新型モデルが発表!
スティーブ・サリーン氏が創設したサリーン。マスタングのチューンカーで有名なこの会社は2007年に別会社に買収され、それ以降、サリーン氏との関係は切れていた。しかし今年4月、サリーン氏が再び自身のブランド名を使用する権利を獲得。今回、久しぶりに生みの親から誕生するのがシェルビーGT500 のエンジンを用いて開発されたこの「サリーン351」だ。先週、開催されていたLAオートショーでそのレンダリング画像と概要が発表されたので、早速ご紹介しよう。

351のエンジンは最大出力710ps、最大トルク90.5kgmのスーパーチャージャー付き5.7リッターV8(名前にある351とは、5.7リッターを立方インチにした数値)。トランスミッションは6速マニュアルで、約38センチのブレーキディスクを装備しているという。

外観は、フロントおよびサイドスプリッターにカーボンファイバーを使用。ホイールは前後とも20インチのものを装備している。また、機能的なエアインテークや「F1スタイル」と形容されるテールランプが特徴的だ。残念ながら実物は披露されておらず、画像はこの1枚のみ。販売時期や価格についても明らかにされていないため、さらなる情報は分かり次第お伝えしたい。トム・クルーズを始めとした有名セレブにも顧客が多いサリーンにとってこの新モデルにかける期待はかなり大きいだろう。

サリーン351のスペックについて詳しく知りたい方は、プレスリリース(英語)をどうぞ。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】バットモービルの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Steve Saleen's Ford GT Prototype

Related Gallery:SEMA 2009: 2010 Saleen S281 Mustang

Related Gallery:2010 Saleen S281 Mustang

Related Gallery:Barricade Saleen Mustang from Transformers

Related Gallery:Tom Cruise tests Red Bull F1 car Photos


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Martini Girl in Monaco

Related Gallery:damesonic 02

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-03

Related Gallery:Shanghai 2009:Cute china showgirl

Related Gallery:damesonic 2012 03

Related Gallery:Shanghai 2009:Sweet china showgirl