北米マツダは11月29日、LAオートショーの会場において、新型「マツダ6」(日本名「アテンザ」)のレースカーで2013年1月に開催される「デイトナ24時間レース」に参戦すると発表。その画像を公開した。

マツダの新型4ドア・セダンをベースとするこのレースカーは、アメリカのスポーツカー・レース「グランダム」の最高峰カテゴリー「ロレックス・スポーツカー・シリーズ」に新たに設けられた「GX」クラス規定に合わせて製作されるマシン。ボディ外観はアテンザの流麗な「魂動デザイン」を受け継ぎつつ、レースカーならではのリア・ウイングやフロント・スポイラーなどを備えた魅力的なスタイルとなっているが、その中身は市販モデルとは別物のパイプ・フレーム構造によるシャシーを持つ。

しかしエンジンは、市販車に搭載されている「SKYACTIV-D」ディーゼル・ターボのブロックをそのまま使用。実に約60%のパーツを量産エンジンと共用するという。開発にはこれまで「RX-8」のレースカーでグランダム・シリーズに参戦してきたスピードソース・チームとマツダのエンジニアたちが共同で数ヶ月間全力で取り組み、「パワーと耐久性の両面で目標としていた性能を実現できた」と北米マツダのモータースポーツ・ディレクターを務めるジョン・ドゥーナン氏は胸を張る。その実力は、400馬力を超えるパワーを50時間以上連続で発揮し続けることが出来るという。マツダはこのマシンで、デイトナ24時間レース初のディーゼル・エンジンによるクラス優勝を目指す。そしてそれはマツダ製エンジンにとって24回目の勝利ということになる。



マツダ6が参戦するグランダムGXクラスとは、これまでの「デイトナ・プロトタイプ」やRX-8が出場していた「GT」クラスに加えて新設される第3のカテゴリーで、多くの自動車メーカーがその技術や市販モデルの "ショーケース" として参戦できるように、ターボ付きエンジンやディーゼル、ハイブリッドなど、多様なパワートレインと燃料の使用が可能になっている。すでにロータスが「エヴォーラ GX」で参戦を表明しており、他にもアウディBMWシボレーフォードヒュンダイスバルポルシェサイオン日産フォルクスワーゲンといった12メーカー・13車種の出場が見込まれているそうだ。

ロータリー・パワーで速さを誇ったRX-8の後を継ぎ、ディーゼル・エンジンのマツダ6(アテンザ)も、世界中の並み居る自動車メーカーを相手に大活躍を見せてくれるに違いない。注目のデビュー戦、第51回デイトナ24時間レースは 2013年1月26日から27日にかけて開催される。

Related Gallery:Blackberry 10 系統截圖


【PR】マツダ アテンザの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:BlackBerry Z10

 
Related Gallery:Pentax HK

 
Related Gallery:TLC Medical Docs: Real or Fake

  
Related Gallery:

  
Related Gallery:Chana-Suzuki Gazelle 2008

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Microsoft Code Space

 
Related Gallery:Dartz Jo-Mojo

 
Related Gallery:Yinlips Vita Ripoff

 
Related Gallery:Huawei Ascend P1

 
Related Gallery:Hands-On: Samsungs WiFi-Kameras