【LAショー2012】「フィエスタ」に1.0エコブーストを搭載した高性能車「ST」が登場!
今回は、今月末LAオートショーに登場するフォードの2014年型「フィエスタ」の最新情報をお届けしよう。
フォードは26日、「フィエスタ」に高性能な「フィエスタST」を導入し、「1.0リットル・エコブースト」エンジンを採用すると正式発表した。フォード初となる直噴1.0リットル直3にターボーチャージャーを組み合わせたこの低燃費エンジンは、飛行機の機内に持ち込めるほど小型・軽量化されており、オフセットのクランクシャフトなどを導入した結果、振動の減少、静かなエンジン音、滑らかな回転を実現しているという。スペックは不明な点もあるが、おそらく最大出力125ps、最大トルク20kgm、燃費17km/lを発揮するとされる。また、ステアリングとサスペンションがベースグレードよりアップグレードされた他、コーナリングに威力を発揮するトルクベクタリング・コントロールも採用されているという。

「フォーカス」の高性能バージョン「フォーカスST」と同様、フィエスタSTもハッチバックのみ。チンスポイラー、リアのディフューザー、対になったエグゾーストパイプが、よりスポーティでアグレッシブな印象を与えている。

ヨーロッパで大人気の小型車「フィエスタ」。ホットハッチ導入で米国市場でのブレイクもあるのか。LAオートショーでのお披露目に期待しよう。なお、さらに詳細を知りたい方は、プレスリリース(英語)を見ていただきたい。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Gigabyte S1185 動手玩

Related Gallery:Toshiba Qosmio X75 hands-on


【PR】フィエスタの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Tweets 1/11

Related Gallery:2012 BMW 1 Series

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Command & Conquer 4: Tiberian Twilight


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:USB-Schutrockner

Related Gallery:Speed Racer (Meteoro)

Related Gallery:iPhone OS 3.2

Related Gallery:SoulCalibur V (TGS 2011)

Related Gallery:Oregon Scientific Time & Wireless Charging Stations hands-on

Related Gallery:Alienware OptX AW2310 3D-Monitor

Related Gallery:Toshiba Camileo Air10