米では根強い人気の「ダッジ・チャージャー」に2500台限定のデイトナモデルが復活!
Related Gallery:ZTE Grand Memo 相機介面(Camera UI)


2009年を最後に見送られてきたダッジ・チャージャーの「デイトナモデル」が、2013年に復活することが明らかになった。わずか2500台の限定で、サテン・ブラックのボンネットストライプ、ブラック仕上げのルーフ、R/Tスポイラー、光沢感のある20インチのアルミホイールが特徴だ。

デイトナブルーのエンジン・カバーの下には、もちろんクライスラー製ヘミV8エンジン。最高出力は375ps、最大トルクは55kgmだ。ボディーカラーはデイトナブルーの他、ブライトホワイト、ビレットシルバー、ピッチブラックの4色を展開。フロントグリルにはビンテージ仕様のバッジが付いたサテン・ブラックの十字グリルが用意され、リアのクウォーター・パネルには"Daytona"のロゴが入っている。

インテリアは、デイトナブルーの刺繍、ステッチ、パイピンが施されたシート、つや消しアルミニウムのトリム、モパーのブライト・ペダル・キット、552ワットで10スピーカーのオーディオシステムを採用し、デイトナらしさを加えている。

デイトナモデルの販売価格は、「チャージャーR/T」が約271万円、「チャージャーR/T ロード & トラック」が約299万円だ。詳細はプレスリリース(英語)で、そのブルーの美しい姿は高解像ギャラリーで確認しよう。LAオートショーでの写真も近々紹介できる予定だ。

BY Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:ZTE Grand Memo 相機介面(Camera UI)


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Bowers & Wilkins C5 in titan

Related Gallery:Ginebra 2011: Smart ForSpeed Concept

Related Gallery:Range Rover Evoque 2014


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

Related Gallery:Yamaha Pocketrak C24: Engadget Deutschland Hands-On

Related Gallery:Lytro Pressebilder

Related Gallery:Rolls-Royce 102EX

Related Gallery:Microsoft Pivot

Related Gallery:PSP Vita Hong Kong Launch Event

Related Gallery:Designer Androids