【レポート】トヨタが新たに2種類のプリクラッシュセーフティシステムを開発!
自動車メディア『オートモーティブ・ニュース・ヨーロッパ』によると、トヨタは高速走行時の衝突や、ペダルの踏み間違いによる事故を防ぐ、2種類のプリクラッシュセーフティシステムを開発したという。

高速走行時の衝突を防ぐシステムには、危険を判断するためのミリ波レーダーが採用されており、ボルボのシティー・セーフティテクノロジーと同様、危険が迫ったときには警告音とディプレイへの表示で注意を促す。さらに衝突が避けられないと車が判断した場合は、強制的にブレーキをかけるという。この強制ブレーキのブースターは、現行のシステムと比べ、2倍の操作力を発揮するそうだ。

ペダルの踏み間違いによる事故を防ぐためのシステムは、音波探知機を使用しており、車が静止した物体にあまりにも高速で接近している場合、自動でブレーキが作動するというもの。また、ドライバーのアクセルを踏んでいる時のギアチェンジや、異常なギアチェンジが確認された時には、自動で減速するフェールセーフシステムも組み込まれている。

トヨタは、これらのシステムをまずは高級セダンに採用していく予定だ。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】トヨタの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:iFive mini3 hands on

Related Gallery:Sculpteo batch 3D printing

Related Gallery:A visual tour of Android's UI

Related Gallery:Thinkpad X300 spec

Related Gallery:BlackBerry Bold unboxing and hands-on


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Whill: Rollstuhl trifft Segway

Related Gallery:Number Pad

Related Gallery:Mazda Ryuga

Related Gallery:Mazda Hakaze

Related Gallery:

Related Gallery:Polaroid Z2300 sample shots

Related Gallery:Yamaha Pocketrak C24: Engadget Deutschland Hands-On

Related Gallery:Yamaha Pocketrak W24: Engadget Deutschland Hands-On