【レポート】アウディがお手頃価格の4人乗りでリッター約100kmの車を計画中!
Related Gallery:Razer Hammerhead Pro ears on


アウディがリッター約100kmという驚異的な燃費を誇るファミリーカーを開発しているという。

自動車メディア『オートカー』のレポートによると、この車は現在、社内では「1リッターカー」と呼ばれているが、この数字がエンジンの排気量を示しているのかは今のところ不明だ。しかし、電気モーターが採用されることはまず間違いない。超低燃費の車と言えば、これまで親会社であるフォルクスワーゲンが、世界で最も高効率な車と呼ばれるリッター100kmのクーペ、フォルクスワーゲン「XL1」を発表している。こちらは、2気筒のコモンレール直噴ターボディーゼル(TDI)と、電気モーター、リチウムイオンバッテリー、7速DSGを組み合わせたプラグイン・ハイブリッドだ。ところが今回の計画でアウディは、XL1と同じエンジンは使わないといい、フォルクスワーゲンとは異なる車を目指している様子だ。

アウディの技術責任者であるWolfgang Durheimer氏によれば、1リッターカーは「A1」が採用しているスチール製のプラットフォームをベースにし、お手頃価格の4シーターとなるとのこと。また、通常の車と同じようにオートエアコンも装備され、快適な乗り心地を提供する予定だという。

同車は、"アウディ・バージョンのXL1"と言うよりは、外観が似ているBMW「i3」をライバル視しているようにも思える。この期待の新型車は早くても3年後のお披露目となりそうだ。楽しみに待っていよう。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Razer Hammerhead Pro ears on


【PR】アウディの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:El XPERIA X1 de Sony Ericsson en nuestras manos

Related Gallery:AOC 2230Hf: 22 pulgadas y buenas prestaciones

Related Gallery:Euro NCAP: Suzuki Splash


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:VAIO L press shots

Related Gallery:Im Sound Lab von Moog

Related Gallery:N+ew
Related Gallery:Irmscher GT i40

Related Gallery:Rolls-Royce 102EX