【コラム】頑丈で本当に長く乗れる1990年型日産「Hardbody」を巡る思い出
写真の日産「Hardbody」(日本名:ダットサントラックD21型)はオレゴン州セーラムで7500ドル(約62万円)で売りに出されているもので、走行距離は約2万2500km。グレーの布張りのベンチシートや不恰好なステアリングホイール、素朴なルックスと時代がかったこのクルマが著者は気になってしょうがない。

というのも個人的な話で恐縮だが、父が一番最初に買った新車が1990年型のHardbodyなのだ。トルクのかかった2.4リッター4気筒エンジンを積んだこのピックアップトラックで、毎年、荷台にキャンパーシェルを載せて家族旅行に出かけたものだ。

土曜の朝はいつもこの小さな赤いトラックに親父と乗り込んで、タルトを頬張りながら、2個のスピーカーのついたカセットデッキからガンガン、ロックを流してドライブした。私が運転できる年になり、ガードレールや他の車にぶつけてしまうようなことがあってもこのクルマは簡単な修理だけで済ますことができた。そうやって20年以上走り続けた結果、ボディの色は赤からオレンジに色褪せ、シャーシは傷だらけになり、エンジンはスタートさせるたびに、ものすごい音がするようになった。そしてとうとう去年、スクラップ工場行きとなった。オリジナルエンジンで48万km以上も走り抜けた末のことだ。

この小さなピックアップは我が家の系譜にしっかりと染み込んでいる。そういうわけで個人的には感傷税(?)込みで7500ドル払ってもいいくらいだ。同じような郷愁を感じる方は、どうぞBring a Trailerのサイトをご覧いただきたい。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:1990 Nissan Hardbody Photos


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Barrett-Jackson 2011 1990 Coors Extra Gold Top Fuel Dragster Replica

Related Gallery:social nissan

Related Gallery:2012 Nissan Leaf Photos

Related Gallery:2010 Nissan Patrol Photos

Related Gallery:Nissan NV200 London Taxi Photos