どんな場所でも行ける!? ATV(全地形対応車)とバイクを足した『ブルータス』
イタリアのミラノで開催されたヨーロッパ最大のバイクショーEICMAで、ユニークなデザインのオフロードバイク「ブルータス 750 EI」のコンセプトモデルが登場した。

まるで一昔前の三輪バイクを無理矢理2輪したようなデザインは、伊オートバイメーカー、イタルジェット創始者の息子であるアレッサンドロ・タルタリーニ氏によるもの。ブルータス750は、最高出力45psの排気量750cc、水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載し、トランスミッションにCVTを装着した頑強なオフロードバイクで、リバースギアとローギアをオプションで装備することができる。足回りには、14インチホイールにATV用のマキシス製「ビッグホーン」タイヤを装着。前輪幅15cm、後輪19cmという極太の全地形対応型タイヤが砂利、泥、岩場など、あらゆるオフロードのステージを走破してくれる。しかも、トレッドパターンがごつい割には後輪駆動である点もユニークだ。ちなみに、同じくタフなルックスで知られるロングセラーモデルの「ロコン」は二輪駆動だ。

ブルータスはパーツを替えてスノーバイクにコンバートすることもできるほか、オプションでサイドカーが装着できる。早ければ2013年春に発売される予定だという。なお、同名の米国製電動モーターバイク「ブルータス」が今年1月に発表されているが、こちらはまったくの別物なのであしからず。

By Chris Tutor
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ブルータスの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Confederate Motorcycles x132 Hellcat Combat Photos

Related Gallery:yamaha

Related Gallery:Tokyo Motor Show 2011 motorcycles

Related Gallery:Mac Motorcycles renderings

Related Gallery:Honda CRF450 RALLY