【ビデオ】塗装テストの本場はフロリダ! その知られざる理由とは?
世界中の自動車メーカーが米で販売する車の塗装テストをフロリダで行っているというのをご存じだろうか。今回は、塗装テストがフロリダで行われている理由と知られざるテストの様子をご紹介しよう。

テストを行っているのはフロリダ州エバーグレーズ国立公園近くにあるQ-Lab社。同社によると、「フロリダはアメリカでも有数の高温多湿地帯で、照りつける日差しも容赦ない。つまり塗装パネルの耐久テストには最適の立地だ」という。Q-Lab社は8万平方メートルを超える敷地を有し、そこには30センチx10センチほどの塗装されたパネルがずらりと並ぶ。これらのカラーパネルは、風雨にさらされた状態で7~10年保管され、同社の技術者は毎日の気温や湿度はもとより、パネルの表面の変化といった様々なデータを1日に4万件も受け取るという。今では世界中の自動車メーカーが同社でテストを行っているが、ゼネラルモーターズ(GM)は何と1920年代からここでテストを実施しているそうだ。GMの担当者は、「ここでのテストをクリアしない色・塗装は、決して車には使わない」という。

ではさっそく、カラーパネルが直射日光に耐える様子をご覧いただきたい。

ByZach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】GMの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:GM Performance Parts Catalog 2011

Related Gallery:Florida motorists avoid tolls

Related Gallery:First Drive: 2011 GM HD Trucks

Related Gallery:Robonaut 2 by GM and NASA