三菱自動車が間もなく発売を予定している「デリカD:5」のクリーンディーゼル搭載モデルについて、Autoblog読者から興味深い情報をいただいたのでご紹介しよう。

三菱 デリカD:5は、商用車「デリカ」から派生した乗用タイプの1ボックス型ミニバン。210mmという最低地上高を確保した4輪駆動モデルは悪路や雪道に強いことで定評があり、人や荷物をたくさん積んで様々な場所を走り回るアクティブなユーザーから高い人気を集めている。

そのデリカD:5に間もなくクリーンディーゼル・エンジン搭載モデルが追加されるというニュースは先日お伝えした通り。さらに今回、Autoblog読者の方から寄せられた情報は、販売店で商談された方のお話により、その価格と発売日が明らかになったというものだ。

クリーンディーゼル搭載のデリカD:5には、そのガソリン・エンジン搭載モデルに設定されている最上級グレード「G-Premium」と、そこから運転席パワーシートや前席シートヒーター、そしてナビゲーション・システムとプレミアムサウンドシステム等を省略(オプションとして装備可能)した主力グレード「G-Power package」に相当する2グレードが用意される模様で、そのネーミングは "ディーゼル" 搭載であることを示すように「D-Premium」と「D-Power Package」になりそうだ。

価格はガソリン・エンジン車より34〜36万円程度高く、D-Premiumが395万円 393万4,000円、D-Power Packageが347万円 341万9,000円になるという話である。発売日は2013年1月10日 11日だが、今年の11月21日には早くも受注が開始されるとのこと。来年2月28日までに登録すれば、クリーンエネルギー自動車導入促進対策費、いわゆる「クリーンディーゼル補助金」が20万円弱ほど 14万円を上限に支給される見込みであり、さらに取得税と重量税が、環境対応車普及促進対策費、いわゆる「エコカー減税」により免税となるので、ガソリン・エンジン搭載車との実質的な支払総額の差は、車両価格差よりもだいぶ少なくなるはずだ。



肝心のディーゼル・エンジンについて、スペックはまだ(購入を希望される方に対しても)明らかにされなかったとのこと。噂によると排気量2,268cc 2,267cc直列4気筒直噴ターボに6速ATの組み合わせで、駆動方式は4輪駆動のみになると言われている。近々正式発表がありそうなので、詳細についてはまた改めてお知らせしたい。

情報を提供してくださった読者に感謝!


情報提供:『頑張れ!三菱自動車応援ブログ』

2012年12月26日追記:発売日と価格が正式発表されました。事前の情報と多少違いがありましたので修正致しました。

<関連ギャラリー>
Related Gallery:Sonos gets official on ZP120 and ZP90, but no new controller

 
Related Gallery:Dell's Studio Hybrid

 
Related Gallery:Lenovo Ideapad S10

 
Related Gallery:Nikon Coolpix S9100 press images

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Kia Picanto

 
Related Gallery:Mazda Ryuga

 
Related Gallery:Mazda Hakaze

 
Related Gallery:Speed Racer (Meteoro)

 
Related Gallery:Maserati GS Zagato

 

【PR】デリカD:5の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!