ランチア...ではなく「クライスラー・イプシロン」、日本市場導入を発表!
フィアット クライスラー ジャパンが15日、日本市場導入を発表した2台のニュー・モデルの中から、前回お届けした「クライスラー 300」に引き続き、平尾久美子さんのバレエとともにお披露目された魅力的なコンパクト・カー「クライスラー・イプシロン」をご紹介しよう。実はこれ、イタリアの名門ランチア2011年に発表した3代目「イプシロン」の "バッジ違い" なのだ。

フィアット クライスラー ジャパンは現在、日本におけるランチア・ブランドの販売展開は行っていないため、イギリスなどと同様にこのイプシロンはクライスラー・ブランドで販売されることになった。それでも、1994年に登場し100色ものボディ・カラーが用意されたことで話題を呼んだ初代や、2002年にモデルチェンジして今度は2トーン・カラーが人気を集めた2代目が、これまで日本では並行輸入という形でしか手に入らなかったことを思えば、3代目イプシロンが全国の正規販売店で買えるようになったことを歓迎すべきだろう。



Related Gallery:Chrysler Stay Driven Day

 
2011年のジュネーブ・モーターショーで発表された3代目イプシロンは、これまで同様フィアット車のプラットフォームを共有しつつ、ランチア・ブランドに相応しい高級でエレガントな内外装を与えられたコンパクト・カーという性格は変わらない。ただし、初代と2代目が「フィアット・プント」のシャシーを短縮して使用していたことに対し、この3代目はより小型の「フィアット 500」をベースに、逆にホイールベースを90mm延長して5ドア・モデルに仕立てている。フィアット 500の乗車定員は4名だが、イプシロンは5人乗車が可能だ。

全長3,835mm × 全幅1,675mm × 全高1,520mmというサイズは先代よりも55mm長くなった。しかし全幅が45mmも小さくなり、日本では5ナンバー・サイズに収まったことがフィアット 500ベースとなったことによる恩恵と言えるだろう。長さ・幅とも「トヨタ ヴィッツ」や「スズキ スイフト」より小さいのだが、存在感はかなりのもの。車両重量は1,090kg。軽量化技術に長けている日本車に比べるとちょっと重い。フロント・グリルはクライスラー・ファミリーであることを表す水平基調のブレードで構成されたデザイン。ランチア・ブランドで販売されるモデルもほぼ同じ形状で、上部中央のエンブレムのみが異なる。イタリア車党の人が購入した場合、パーツさえ手に入れば "コンバージョン" は容易と思われる。切れ長なレンズの奥にランプ・ユニットが置かれる特徴的なヘッドライトは、マニエッティ・マレリ・オートモーティブ・ライティング社によって開発されたものだとか。



Related Gallery:Chrysler Ypsilon Live Photos

 
ルーフとリア・ウインドウ、そしてリア・クォーター・パネルが交錯するCピラーは、新型イプシロンのデザイン上のハイライトだろう。ここに後部ドアのオープナー・ハンドル(ドアノブ)が隠され、実用的な5ドアをパーソナルな3ドア風に装う手法は、同じイタリアの「アルファ ロメオ 147」などでも見られたものだ。対照的にフロント・ドアのハンドルは大型でクローム処理が施され、存在感を示す。後ろから見るとクラシックに独立して見えるリア・フェンダーはウエスト・ラインを通ってボンネットに向かうゆるやかな曲線を描き、フロント・フェンダーの後ろから立ち上がった彫刻的なプレス・ラインがリア・ドアまで切り込まれている。



エンジンは「ツインエア」と呼ばれる排気量875ccの直列2気筒インタークーラー付きターボ。最高出力85ps/5,500rpmと最大トルク14.8kgm/1,900rpmを発生する。「フィアット 500 TwinAir」と共通だ。「エンジン・オブ・ザ・イヤー 2011」を受賞した、FPT(フィアット・パワートレイン・テクノロジーズ)社自慢のダウンサイズ・ユニットである。マニエッティ・マレリと共同開発したという5速シーケンシャル自動変速機能付きマニュアル・トランスミッション「デュアル・ファンクション・システム」を介して前輪を駆動する。ちなみにこのトランスミッションはランチアでは「DFN」と名付けられている。イタリア語の "Dolce Far Nienta" の略で、日本語に訳すと「何もしない甘さ」。何もしない=クラッチ・ペダルを踏んだりシフト・レバーを動かしたりしなくても得られる、甘い安楽な自動変速システムということらしい。START&STOPシステム(アイドリング停止機能)やグッドイヤー製低転がり抵抗タイヤ「エフィシエント・グリップ」などが組み合わされることによって、JC08モード燃費19.3km/リッターを達成しているという。



Related Gallery:chrysler ypsilon press

 
価格は、レザー・シートや195/45R16タイヤ、バイキセノン・ヘッドライトを標準装備する上級グレードの「プラチナ」が260万円。シートが「ラグジュアリー CASTIGLIO ファブリックシート」となり185/55R15タイヤを履きヘッドライトもハロゲンとなる「ゴールド」は235万円(いずれも消費税込み)。なんとフィアット 500 TwinAirのベーシック・グレード「Pop」より15万円高いだけ(上級グレード同士で比較すると、「イプシロン プラチナ」は「フィアット 500 TwinAir Lounge」より10万円高いだけ)という意欲的な価格設定だ。ボディ・カラーが赤(クレー・レッド)の場合のみインテリアは「アーバン・ブラック」となり、その他のカラー(白、黒メタリック、白パール、ベージュ・メタリック)では「黒と金を組み合わせたこだわりのカラー」であるという「ロマンティック・ゴールド」の内装色となる。全車右ハンドルのみの設定。発売はクライスラー 300と同じく12月15日(土)から。



Related Gallery:chrysler ypsilon

 
この日の発表会では、クライスラーのブランド・アンバサダーに就任された俳優の浅野忠信氏が登場。クライスラー製ミニバン「ボイジャー」を10年以上も愛用されていたという浅野氏によると、300を運転してみた感想は「どこに行くのも本当に楽だろうなという印象」で、イプシロンは「スポーティで面白い」と感じたそうだ。

我が国における2012年10月度の輸入車新規登録台数を見ると、クライスラーはわずか31台と、フェラーリよりも少なかった。待ちに待ったフラッグシップ・サルーン「300」とコンパクト・カー「イプシロン」の投入で、この数字がどこまで伸びるだろうか。

ギャラリーでは日本仕様に近いイギリス向けクライスラー・バージョンと、2トーン・カラーに塗られたランチア版の画像もご用意した。詳しい情報は以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

CHRYSLER YPSILON

Related Gallery:2012 Chrysler Ypsilon Photos

 
Related Gallery:2012 Lancia Ypsilon: Geneva 2011 Photos

 
【PR】「ハマーH2」と「BMW X6」のダイキャスト製R/CカーをAutoblog読者にプレゼント!
【PR】クライスラー・イプシロンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!