11月11日、世界ロードレース選手権最終戦、バレンシアGPでYamahaFactoryRacingからスポット参戦した#21中須賀克之が2位に入賞した。
マシンの1000cc化によって波乱の幕開けとなった今シーズンのMotoGPクラスでは、市販車エンジンを搭載するCRTマシンの参入もあったものの、開幕戦からホンダヤマハの2強の熾烈なトップ争いが展開された。

シ リーズは序盤から、ヤマハのJ.ロレンソ。ホンダのディフェンディングチャンピオンC.ストーナー、チームメイトのD.ペドロサの3名がほぼ表 彰台を独占する状況が続き、中盤戦となっても、このトップ3の支配する図式はほぼ変わらなかったものの、終盤はストーナーが怪我で欠場、逆にペドロサは調 子を上げシリーズをリードしたロレンソを追撃するが、ポイント差は埋まらず、第17戦オーストラリアGP、ペドロサの転倒で、ロレンソのチャンピオンが決定する。

そして迎えた最終戦、YamahaFactoryRacingのB.スピースが欠場で空いたシートにまたがったのは日本の中須賀。決勝レースは、ウェット宣言が出されていたがフォーメーションラップを終えてコース状況を見たライダー達がスリックタイヤを履いたマシンに乗り換える と言う荒れ模様の幕開けとなった。

そんな中、中須賀は最初からスリックタイヤをチョイスし、16番からのスタートながら難しいハーフ ウェットのコースを着実に走り次第にポジションをアップ。ピットスタートながら中盤トップに立って独走した#26ペドロサについでの2位でゴール。 MotoGPクラスで日本人ライダーが表彰台に上がったのは2005年第12戦の日本GPでの玉田誠の3位以来の快挙であった。

3位には第15戦の日本GPから復帰し、今シーズンで引退を表明していたストーナーが入り、最終ランキングを3位に保つことに成功してRepsolHondaTeamにチームとコンストラクタータイトルをもたらした。

レー ス後、中須賀は「コンディションが非常に難しかったなかで、このような成績を獲得することができてとてもうれしい。本当に厳しいレースだったけれど、チー ムが素晴らしい仕事ふぶりで僕を支えてくれた。セッティングでベストチョイスしてくれた彼らに、心から感謝している。予選が悪かったので、こうして 表彰台に上れたことは夢のようだし、まるで奇跡と言ってもいい。MotoGPという特別なチャンスを 与えてくれたヤマハに感謝する」と語った。

【PR】「ハマーH2」と「BMW X6」のダイキャスト製R/CカーをAutoblog読者にプレゼント!
【PR】ヤマハの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

Related Gallery:motoGP Katsuyuki Nakasuga



<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:duca_motogp_pre

Related Gallery:BMW X6 M MotoGP Safety Car