【ビデオ&大量フォト】スバル、フルモデルチェンジした新型「フォレスター」を発売!
Related Gallery:Subaru Forester


富士重工業は13日、「スバル フォレスター」をフルモデルチェンジして発売すると発表。「SUVとしての本質的な価値の実現」を目指して開発したという。

「フォレスター」は、「インプレッサ」とプラットフォームを共有するスバルのSUV。昨年11月にフルモデルチェンジしたインプレッサから1年遅れてデビューするこの新型は4代目にあたる。フロントに縦置きしたスバルならではの水平対向 "ボクサー" エンジンと4輪駆動システム(スバルではAWD=全輪駆動と呼ぶ)の組み合わせという、左右対称かつ一直接上に配置されたパワートレイン「シンメトリカルAWD」を採用することで、他社から販売されている多くのエンジン横置きFF乗用車ベースのSUVに比べ、低重心で重量バランスに優れるという特長がある。



今回のモデルチェンジにおける開発コンセプトは「SUVとしての本質的な価値の実現」。つまり、クルマ本来の価値である「移動の自由」を基本に、「さまざまなシーンで道具として使えること」そして「長距離や厳しい走行環境下でも快適に移動できること」を実現するため、クルマの基本である「走る・曲がる・止まる」という走行性能を大幅に進化させると同時に、安全性能、環境性能も向上させたという。また、パッケージを根本から見直すことで、居住性や実用性の向上によるSUVとしての「使う愉しさ」と、新制御を採用したAWDで路面を選ばない「走る愉しさ」を実現したそうだ。



走る性能の柱であるエンジンは2本立て。どちらも排気量2.0リッターの水平対向4気筒で、型式の異なる自然吸気と直噴ターボが用意されている。

最高出力148ps/6,200rpm・最大トルク20.0kgm/4,200rpmを発生する自然吸気の「FB20」型(上の画像:左)は、6速MTまたはリニアトロニックと呼ばれるCVTが組み合わされ、JC08モード燃費15.2km/リッター(アイドリングストップ付きリニアトロニック仕様車)を達成。6速MTは、シフトノブとトランスミッションのリンクを従来のロッド式からケーブル式に変更。ミッションの振動がシフトノブに直接伝わることがなくなったという。またストローク量も短縮され、シフト・フィールが向上するなどの改良が施されている。リニアトロニックはSUV向けにチューニングされているそうだ。走行状況に応じて「エンジン性能をフルに発揮するスポーティなSモード」と「扱いやすいトルク特性と優れた環境性能のインテリジェント・モード」を切り替えることが出来る「SI-DRIVE」という "ドライブ・モード切り替え装置" が採用されている。

直噴ターボは、レガシィで一足先に採用されている「FA20 DIT」ユニット(上の画像:右)。280ps/5,700rpmの最高出力と、最大トルク35.7kgm/2,000~5,600rpmを発揮する。フォレスター用にギア比を最適化したという高トルク対応のリニアトロニックが組み合わされる。SI-DRIVEも専用となり、「インテリジェント・モード」と「Sモード」の上に、「DITのダイレクトな加速感が味わえる」という「S♯」モードが追加されている。これに切り替えるとトランスミッションは8段のステップ変速が可能になるそうだ(下の画像:右下)。



そしてもう一つ、「走る愉しさ」を拡げる新機構が「X-MODE」と呼ばれるシステム(上の画像:左下)。これは路面や走行状況に応じて最適なトルクを前後のタイヤに配分する「アクティブトルクスプリットAWD」に、さらにエンジンやリニアトロニック、VDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール)などを統合制御して、悪路における走破性を高めるというもの。急勾配の下り坂でも一定の車速を維持し続けるヒルディセントコントロールも設定されている。

ボディやシャシーは「剛性向上を徹底」し、サスペンションもロールを抑えた設定にすることで、車高の高いSUVに想定されるぐらつきや振動を抑えたという。DIT搭載車には「引き締まった乗り心地と、ハンドリングのレスポンス向上によるスポーティ感を重視した」専用のサスペンション・チューニングが施される。



パッケージングに関しては、ホイールベースの延長による後席の足元スペース拡大や、前席左右間の距離を10mm拡げたり、アイ・ポイントを34mm高くするなどの見直しによって快適性を向上させた。室内幅は20mm拡がっているが、ボディの全幅は15mmの拡大に留めている。サイドシルの高さは低くなり、小柄な方でも乗り降りがスムーズにできるようになったという。

室内スペースの拡大に合わせてやや大きくなったボディ・サイズは、全長4,595mm × 全幅1,795mm × 全高1,695mmと、旧型より35mm長く、15mm幅広く、20mm背が高い。ホイールベースは25mm延長されて2,640mmとなった。



グレード構成と価格は、X-MODEやSI-DRIVE、パドルシフト、マルチファンクションディスプレイ、アイドリングストップ、左右独立温度調整機能付フルオートエアコン、アルミホイールなどの装備が "付かない" エントリー・グレードの「2.0i」が208万9,500円(上の画像:左上)。それらが全て標準装備となる上にステアリング・ホイールも本革巻となる装備充実の「2.0i-L」は240万4,500円(上の画像:下)。さらにスポーティな18インチ・タイヤとホイールが付き、運転席&助手席8ウェイパワーシートやパワーリヤゲート、キーレスアクセス&プッシュスタートなどが装備される「2.0i-S」は277万2,000円。そしてDITエンジンを搭載する「2.0XT」が283万1,850円(上の画像:右上)と大きく4段階に分かれている。2.0iと2.0i-Lには6MTも同価格で設定。そして2.0iを除く全グレードに "ぶつからないクルマ" としてお馴染みの運転支援システム「EyeSight(ver.2)」搭載モデルが10万5,000円高で用意される(2.0i-SはEyeSight搭載車のみ)。ただしX-MODEやSI-DRIVEそしてEyeSightは、リニアトロニック仕様車のみ装備可能で、MT車にはグレードを問わず取り付けることができない(価格はいずれも消費税込み)。



"車高を上げた4駆のワゴン" ということで、いわゆる「クロスオーバー」に分類されていた初代に比べ、すっかり立派に「SUV」となった4代目フォレスター。スバルらしい真面目な技術的改良が推し進められたと言えそうだが、大きくなったサイズも含め、そのデザインと方向性については好みが分かれるかも知れない。なお、新型フォレスターは11月13日の発売に合わせ、1年に渡り世界五大陸、約10万キロを走破し、その機能・性能を実証するというキャラバンイベント「FORESTER LIVE」をスタート。スペシャルサイトやソーシャルメディアを通じてその様子を伝えていくという。

ギャラリーには多くの画像と、そしてプロモーション・ビデオも日本向け・海外向けの2本をご用意したので、是非ご覧になっていただきたい。さらに詳しい情報は以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

SUBARU:FORESTER

FORESTER LIVE


Related Gallery:Subaru Forester

 
Related Gallery:Subaru Forester

 





【PR】「ハマーH2」と「BMW X6」のダイキャスト製R/CカーをAutoblog読者にプレゼント!
【PR】新型フォレスターの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!