ホンダは、2011年の東京モーターショーで初公開したコンセプトモデルを進化させた超小型ボディでありながら、ドライバーと子ども2名の乗車を実現する超小型モビリティー、車両区分欧州L7カテゴリー(欧州二輪カテゴリーのひとつ、EVではバッテリーを除き重量400kg以下、出力15kW)以下を視野に入れた近距離移動用の超小型EV(電気自動車)「マイクロコミュータープロトタイプ」を公開し、2013年より実証実験を開始することを発表した。

このプロトタイプは、「Variable Design Platform」の設計コンセプトを採用した車両であり、2013年から日本での実証実験を開始する。実証実験では、子育て層や高齢者層の近距離圏内の 日常的な移動支援のほか、宅配や通勤、カーシェアリングといったさまざまな用途での可能性が検証される。

また、同車両では、バッテ リー、モーター、コントローラー等を床下及びリアスペースに配置し、動力機能をコンパクトに完結させたプラットフォームであるVariable Design Platformを採用することで、さまざまな用途や顧客の要望に合ったボディや内装を、既存の自動車より比較的容易に開発・生産することを可能にしてい る。

因みに主要諸元は、全長2,500mm、全幅1,250mm、全高1,445mm。最高出力が15kWで最高速度は80km/h、最大航続距離は60km程度。充電時間は3時間未満。使用バッテリーはリチウムイオンとされる。

加えて、その他の特徴として、個人所有のタブレット端末をそのまま使用して、メーター類の表示やナビゲーション、オーディオ、バックモニターなどの機能に応 用したり、ルーフに設けた太陽電池でタブレットのバッテリーを充電することが可能とされ、さらに、この太陽電池は将来的には太陽エネルギーによる走行補助 を目指して研究を継続される。

ヨーロッパではその歴史や実用例も多く、昨今の進化も著しい上に、内外の各メーカーの取り組みも活発になってきた。そんな中、2輪と4輪の両方を生産するメーカーでもあり、常に環境を意識した企業姿勢を貫いてきたホンダのこのカテゴリーでの取り組みには注目して行きたい。

同時に、決して広くない国土と複雑な交通・道路環境の中で、様々な乗り物が存在する日本という国と社会、市場において、このカテゴリーの今後は大変興味深い。

Related Gallery:Mophie Space Pack for iPhone


【PR】「ハマーH2」と「BMW X6」のダイキャスト製R/CカーをAutoblog読者にプレゼント!
【PR】マイクロコミュータープロトタイプの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!

<小型EV関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Sony Alpha new Lens and Flash

Related Gallery:

Related Gallery:Intel's Haswell solar-powered computer at IDF