ATは多段化が進んでいる。現在、高級車のATは8速が主流となりつつあるが、メーカー各社は、さらなる多段式ATの開発にしのぎを削っている。そんな中、トランスミッションの世界的サプライヤー、独ZF社のステファン・ゾンマーCEOは、変速機の上限を9速とすべきだと発言し、過熱する開発競争に苦言を呈した。

ゾンマー氏は、ベルリンで開かれた自動車業界のコンベンションに出席し、「これ以上、変速段を増やす意味があるのだろうか。我々は労働コストに見合わない開発競争をそろそろ見直すべきだ」と述べた。同社の北米支社長を務めるジュリオ・カスパリ氏も、7月にそれと同じ主旨の発言をしている。カスバリ氏によると、先ごろZF社が業界に先駆けて開発した9速ATは、燃費性能の目標を約9割達成し、限りなく完成形に近いという。

しかし、リーディングカンパニーのトップが問題提起したにも関わらず、ATが多段化する流れは止まる気配がなさそうだ。現在、フォードGMヒュンダイなどが9〜10速ギアボックスの開発に取り組んでいるという。多段化しても性能的にメリットのないであれば、不毛な競争ではないだろうか。

By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】「ハマーH2」と「BMW X6」のダイキャスト製R/CカーをAutoblog読者にプレゼント!
【PR】変速段を増やす前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Asus VX3 Hands on

Related Gallery:Robonaut 2 by GM and NASA

Related Gallery:

Related Gallery:I Forgot How To: A Hilarious Meme Collection