Related Gallery:Nikon Coolpix S50, S50c, S200, S500

今年もソニー・エンタテインメント・アメリカによる「グランツーリスモ・アワード」の授賞式が行われ、先日閉幕したSEMAショーをきらびやかな雰囲気に包んだ。このアワードはデザインやアイデアに優れた自動車に贈られるもので、今回の最優秀賞にはデビッド・エッカート氏のフォード「マスタング Mach 40」が選ばれた。またこの車は「最優秀改造車賞」も授賞している。

グランツーリスモ・アワードの他部門では、「最優秀トラック/SUV賞」にトヨタ「DragQuoia」、「最優秀国産車賞」にフォードの新型「マスタングRTR」、「最優秀輸入アジア車賞」にサイオン「Evasive FR-S」、「最優秀輸入ヨーロッパ車賞」に最高出力が507psというフォルクスワーゲン「Super Beetle」がそれぞれ選ばれた。

レーシングゲーム『グランツーリスモ』の生みの親、山内一典氏を含む審査員の心をつかんだのが「Mach 40」だ。デビッド・エッカート氏のチームは、2006年型フォード「GT40」のパワートレインを1969年型「マッハ1」に搭載し「Mach 40」を造り出した。スーパーチャージャー付き5.4リッターV8エンジンをミッド搭載し、"出力ダイヤル"を使うことで約608~862psの間で調整できるという。また、コルベット「C6」のサスペンションを使っているのも面白い。

Mach 40は最優秀賞に輝いたことで新しい『グランツーリスモ』に登場する車種の1つになり、今後は何百万人ものユーザーが目にすることになる。「Mach 40」を実際に運転することは一生ないかもしれないが、バーチャルリアリティの世界でこの車を運転する気分を味わえるのだ。デビッドのチームにとっては最高にクールな栄誉にちがいない。

Related Gallery:Nikon Coolpix S50, S50c, S200, S500


By George Kennedy
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】「ハマーH2」と「BMW X6」のダイキャスト製R/CカーをAutoblog読者にプレゼント!
【PR】グランツーリスモの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Risen 2: Dark Waters

Related Gallery:Blackberry 8520 in Hong Kong