【ビデオ】サスも付いて、室内も本物そっくり! 技術者が作った超精巧なスロットカー
Related Gallery:Chase Cars Photos

今回は超精巧なスロットカーが迫力ある走りを見せる映像をご紹介しよう。

このスロットカーを製作したのは、機械エンジニアのギャレス・ジョーンズ氏。彼は世の父親と同様に、我が子が模型自動車で遊べる年齢になった時、スロットカーのセットを買ってきた。最新のスロットカーは、ジョーンズ自身が遊んでいた70年代のものよりもはるかに進化していたが、1969年型のダッジ・チャージャーがF1カーと似通ったデザインになっているなど、満足できない点が多々あった。そこでいつしか、精巧なスロットカー作りに取り組むようになったそうだ。

ジョーンズはCADで車をデザインし、立体モデルを造形するラピットプロトタイピング装置を使ってシャシーまで製作。更に、タイヤが向きを変えるように見える独自のステアリングまで設計し、1972年型キャデラックのリムジンや、70年代のマッスルカーを参考にインテリアまで本物そっくりに仕上げている。

ビデオでは懐かしのアクションドラマや映画を彷彿させる構成で、"マシン"のディテールが映し出されている。早速チェックしてみよう。

Related Gallery:Chase Cars Photos












By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】スロットカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!