Related Gallery:N-ONE

発売以来絶好調のホンダ、N BOX、N BOX+ に続き、Nシリーズ第3弾となるN-ONEが 発表された。
モーターショーでこのコンセプトモデルがお披露目になった時から、このN-ONEのご先祖さまは国民的大衆車であった1967年の生まれのN360であることは衆知で、その当時、なぜNだったか、という話から、今回のNew Next Nippon Norimonoというこのシリーズのキャッチフレーズがひねり出されたのである。

ホンダ初の市販軽乗用車であったN360は、その後のHondaの車作りの基礎になったモデルでもあり、ホンダの車作りの考え方の原点と言われる「M・ M(マン・マキシム/メカ・ミニマム)思想」、人のためにスペースは最大に、メカニズムは最小に、という考え方の初代の具現化例でもある。ここに、「これからの日本に新しい乗り物を提案したい」、「長く愛されるクルマを提案したい」と言う思いが込められ、新しいベーシックカーの創造を目指して作られたのがこのN-ONEとのこと。

大人4人がくつろげる室内空間、優れた加速性能、軽量かつ高剛性のボディーと、専用サスペンションの採用で高速道路でも安定した走行性能と高い静粛性を目 指したとされ、27.0km/Lの低燃費と、軽自動車としては初めて、急ブレーキ時にハザードランプを高速点滅させて後続車に注意をうながすエマージェン シーストップシグナルという新たな安全装備を全タイプに標準装備するなども行われている。

加えて、軽自動車のジャンルを超えた上質なエクステリアとインテリアを採用した「N-ONE Premium(エヌワンプレミアム)タイプを設定。全11色のボディーカラーと、ボディーとルーフが塗り分けられた2トーンカラースタイル仕様も設定さ れるなどで、豊富なバリエーションから好みの1台がチョイスできる展開となっている。

さて、可愛らしいと言えば可愛らしいこのN-ONE、ターゲットはずばり若者と、ダウンサイジング化を好意的に受け止める団塊世代との両極。N360を知 らない世代とそのデザインモチーフを知っている世代の両方に、この軽ハッチバックが受け入れらるものなのか否か興味が深いところ。

実車のエクステリアデザインは好みの対象になるのだろうが、室内の軽を超えた仕上がりの良さ、同社のスモールカーFitを超えた2020mmの室内長を誇る室内空間の大きさは事実見事である。
また、車体前部にぎゅっと詰め込まれたエンジンは、他のNシリーズと同様の動力性能で、最高出力がNAでは43kw(58ps)/7,300rpm、ター ボモデルでは47kw(64ps)/6,000rpm、最大トルクはNAでは65N・m(6.6kgf・m)/3,500rpm、ターボモデルでは 104N・m(10.6kgf・m)/2,600だが、車重がN BOX、NBOX+では930〜1,010kgであるのに対して840〜900kgに収まっているのだから、とりわけターボモデルでの走りには期待できそ うだ。因みに加速性能はやはりFitに劣らないとのこと。

Nシリーズ第3弾のこのN-ONEは、その仕上がりからも新たな世代の軽自動車であることは言うまでも無く、同時に好調にも後押しされた、このクラスでの ホンダの本気度が強く感じられた1台である。出来るだけ早い機会に実車のインプレッションをお届けしたいと考えている。

Related Gallery:N-ONE

Related Gallery:N ONE 2


関連記事 【ビデオ】ホンダの新型軽自動車「N-ONE」原寸大ペーパークラフト、作ってみる?
【PR】HONDA N-ONE の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!

<ホンダ関連フォトギャラリー>
Related Gallery:N BOX +