【SEMAショー2012】ホンダがスーパーチャージャー付きの「CR-Z」を発表!
Related Gallery:Samsung unveils T-series LCD lineup for the suits

ホンダファンにとって「CR-Z」は、気になる車の一つだが、そのCR-Zがパワーアップしたというニュースが、ラスベガスから届いたのでお伝えしよう。

ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)は発売当初から期待されていたCR-Zのパワーアップを実現し、そのカスタマイズカーを現在開催中のSEMAショーに出品した。スーパーチャージャーとインタークーラーを搭載し、さらに高性能のインジェクター、リマップされたECUによって、最大出力は188ps、最大トルクは23.4kgmとなっている。それに伴い、タイヤとホイール、ブレーキなどの足回りもアップグレードされている。

ホンダは、このコンセプトモデルを「CR-Zスポーツハイブリッドが秘めるパフォーマンスの潜在能力を探求したモデル」と呼んでいる。なお、市販に関するアナウンスは今のところないようだ。

Related Gallery:Samsung unveils T-series LCD lineup for the suits


By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】CR-Zの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Panasonic GF3 評測

Related Gallery:

Related Gallery:Mystery Nikon DSLR