モーター・トレンドがテスラ「モデルS」を「T型フォード」以来の画期的な車と絶賛!
Related Gallery:ASUS Eee D200 NAS

米の車情報サイト「モーター・トレンド」が、電気自動車メーカーテスラモーターズの「モデルS」に試乗し、1908年に発売され、車の大衆化のきっかけとなった「T型フォード」以来の画期的な車と絶賛した。今回はこのテストの様子を入手したのでお届けしよう。

来年日本での発売が予定されているモデルSは、テスラが「ロードスター」に続いて開発した5ドア・セダン。今回のテスト走行では、モーター・トレンドのホスト役のカルロス・ラゴがモデルSに乗り、0-100km/h加速で4.0秒、0-1/4マイル(約400m)で12.4秒(最高速185km/h)を記録。また、時速96キロ走行時からのブレーキテストでは停止距離が約34メートルといった数字を披露しながらレポートしている。また、価格が9万7900ドル(約780万円)の同車は、ラゴのお気に入りの車メルセデス・ベンツ「E63 AMG」ポルシェ「パナメーラ・ターボS」と比べても性能、ラグジュアリーさの面でひけを取らないとコメント。さらに、モーター・トレンドが11月に発表予定の「カー・オブ・ザ・イヤーのトップに躍り出てくる車だろう」と終始絶賛している。

それでは早速、電気自動車ならではのスムーズで静かなモデルSの走りを映像でチェックして頂きたい。

Related Gallery:ASUS Eee D200 NAS




By Domenick Yoney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー