【ビデオ】超痛い!? バイクレースでめったに見れない事故が!
オートバイのレースは常に危険と隣り合わせだ。今回は、思わず息をのむ危機一髪の瞬間をとらえたハプニング映像をご紹介しよう。

先週末、米メリーランド州のサンディーフックで行われたミニモト・レースでのこと。レース序盤、一人のライダーが突然バランスを崩し転倒。後続のオートバイが倒れたライダーに追突した。ところが、追突したオートバイのブレーキレバーが転倒した選手のヘルメットのチンガードに引っ掛かり、彼を引きずった状態のままコースアウトしてしまったのだ。

映像では、転倒したライダーがあごに強烈なパンチを食らったかのように見えるが、幸い大事には至らなかった模様。ヘルメットカメラで、その一部始終をとらえていた追突したライダーは相手の無事を確認すると、彼の頭を軽くポンと叩き、何事もなかったかのようにレースに戻っていった。

一歩間違えれば大ケガを負っていたかもしれないライダーに、運が味方した瞬間をぜひともご覧いただきたい。




By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】バイクレースの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!