【レポート】パワーは280psで14年型から採用! スバルが「BRZ」用ターボエンジンを開発中!!
オートメディア『Automotive News』によると、現在スバルは「BRZ」に搭載するターボチャジャー付の直接噴射エンジンを開発中だという。

スバルが開発しているのは、ツインスクロールターボチャジャーと新たな直噴システム搭載した最高出力は280ps、最大トルクは34.6kgm以上という新型エンジン。現行のBRZは最高出力200ps、最大トルク20.9kgm の2リッター水平対向4気筒エンジンを採用しているが、「もっとパワーが欲しい」という声が米国内でも多いことや、スバルがターボエンジンを得意としていることを考えれば開発は自然なことだと言えるだろう。

Automotive Newsは、2014年型モデルからターボエンジンを積んだBRZがデビューすると伝えているが、モデル名が「BRZターボ」となるのかは分からないとしている。ドライビング性能をアップさせた「BRZ STIコンセプト」がすでに発表されていることから、もしかすると「BRZ STI」としてお披露目されるかもしれない。また新たな情報が入り次第お伝えしよう。

Related Gallery:Split Stick USB


By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】BRZの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!