【ビデオ】ドライバーは舌を切り、足と腕を骨折! ブレーキの壊れたトラックがクラッシュ!!
ブラジルではトラックのレースが人気だが、先日、行われたフォーミュラ・トラックのプラクティス中に、ブレーキの壊れたマシンがクラッシュし、大破するという事故が起きてしまった。今回はその様子をお届けしよう。

事故が起きたのは、全長約3キロ、9つのカーブを持つブラジルのAutódromo Internacional de Guaporé というサーキット。ドライバーのDiumar Buenoは、時速約190キロでボルボのマシンを走らせていたのだが、途中でブレーキが故障していることに気づき、速度を緩めようとコース内側の芝生部分に進入した。ところが速度は緩まず、トラックはタイヤバリアを突き破って、約15メートル下の雑木林に転落してしまった。

トラックは大破し、Diumar Buenoは事故のはずみで舌を切り、足と腕を骨折。再び歩けるようになるまで6カ月を要するという。しかし、これほどのクラッシュで一命を取り留めたのは、本当に不幸中の幸いだったと言えるだろう。それではビデオをチェックしてほしい。




By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ボルボの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!