今週末の10月20日と21日、「日本のモータースポーツ文化の発展と継承」を目的とした国内最大級の クルマとモータースポーツのお祭り「モータースポーツジャパン 2012 フェスティバル」が東京・お台場で開催される。

主な国内の自動車メーカー、自動車関係団体が一堂に集いバックアップする、このモータースポーツジャパン フェスティバルは、「日本のモータースポーツを文化として広く世に知らしめ、さらなる発展を目指すとともに、この文化を後世へと引き継いでいくこと」を目的として、毎年秋に開催されている、日本最大級のモータースポーツのイベント。東京・お台場という観光地で、しかも入場無料で開催されているので、気軽にモータースポーツの魅力に触れることが出来る。本物のレーシングカーが多数展示されるだけでなく、駐車場を使った特設コースではトップ・ドライバーたちによるデモンストレーション走行まで行われ、迫力のエンジン音やスキール音、そしてタイヤの焦げるにおいまで体感することが出来るのだ。



国内のレーシング・チームやメーカーによる展示ブースでは、ピット作業の実演、ドライバーのサイン会などの催しも。 10月21日の日曜日には、インディカーで活躍する佐藤琢磨選手も来場するそうだ。現代のレーシングカーだけでなく、過去のレースやラリーで活躍した懐かしの名車たちも多数展示されるので、こちらもモータースポーツ・ファンにはきっと見逃せないマシンがあるはず。隣接会場では国内外の自動車メーカー15社が最新市販モデルを出展。車種によっては同乗試乗も受け付けている。また、今年も一般のマニアが自慢の愛車を披露する「ヒストリックカー&レプリカカー」展示・人気コンテストを開催。昨年ご紹介した「アリタリア・カラーのトヨタ セラ」や「サファリ・ラリー仕様スバル ヴィヴィオ」、「ヴィッザリーニが手掛けたフェラーリ・ディーノ」は、こちらで見せていただいたクルマだ。



昨年のデモンストレーション走行では、国内3大ワークスのSUPER GTマシンやスバル インプレッサのラリーカー、ニュルブルクリンク24時間レースで優勝したレクサス LFA、懐かしのグループA仕様R32日産スカイライン GT-R、そして日本車で唯一ル・マン24時間レースで優勝したマツダ 787Bなどを見ることが出来た。撮影した動画を掲載しておくので、是非ご覧になって雰囲気を感じていただき、お近くの方は是非、今週末にはお台場まで足を運んでいただけたらと思う。コースが狭いのでどうしても全開走行というわけにはいかず、ドーナツ・スピン大会の様になってしまっているが...。なお、このデモンストレーション走行ももちろん無料で観ることが出来るのだが、より至近距離からスタンド席に座って楽しみたい、という方には、「プレミアム・パドック」チケットが販売されている。

詳しいイベントの内容については、以下のリンクから公式サイトをご覧いただきたい。

NPO法人日本モータースポーツ推進機構 モータースポーツジャパン フェスティバル 2012




Related Gallery:JVC intros cord-free TH-BA3 and TH-BS7 soundbar audio systems


Related Gallery:Philco PC concept brings back the 50s in true hipster style (video)


Related Gallery:Final Fantasy XIII Limited Edition PS3


【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!