これで高齢者の事故も減る! 日産が開発した「踏み間違い衝突防止アシスト」
日産が「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」という新システムを発表したのでご紹介しよう。これは、駐車時のアクセルとブレーキの踏み間違えによる衝突を防止する機能だという。

日産はこれまでにも駐車時の安全性を高めるために、車の周囲の状況を映像で確認できるアラウンドビューモニターを開発しているが、今回のシステムは、その機能をさらにグレードアップしたもの。車の周囲に壁や障害物がある状態で誤ったアクセル操作をした場合、自動的にブレーキを作動させ、衝突を防止するという。年内に高級ミニバン「エルグランド」の改良モデルに搭載されることが決まっており、インフィニティなどの他の日産車にも順次採用されていく可能性が高いという。

日産は「ビジョンゼロ」という交通事故による死亡者数を将来的にゼロにする目標を掲げ、安全技術の開発を強化している。危険要因を検知し、加速を抑制するシステムの開発は、今後ますます加速していきそうだ。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】日産の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!