【ビデオ】ボタンひとつでタイヤを収納! BMW製エンジンを搭載した水陸両用バギー
ミシガン州デトロイトを拠点とするGibbs sports Amphibians(ギブス社)は長年、水陸両用ATV(全地形対応車)を開発してきた水陸両用車メーカー。今回は、同社が開発した新製品「Quadski(クアッドスキー)」をご紹介しよう。

クアッドスキーは最大出力177ps、最大トルクは14.2kgmのBMW製の1.3リッター4気筒エンジンを搭載し、水陸共に時速72キロの高速走行が可能。地上からダイレクトに水中へ入り、電動ボタンひとつでタイヤを収納後、水上ジェットとして使用することができる。重さ約590キロ、車長は約3メートルと1人乗り用としては大きめだが、約57リットルのガソリンが入る大容量の燃料タンクのおかげで、航続距離も満足できる出来のようだ。

ギブス社はバギーと水上ジェットの性能を併せ持ったこのクアッドスキーの需要拡大を見込み、過去15年間に約185億円の開発費を投入したというの。今後はミシガン州アーバンヒルズの工場を拠点とし、1時間に最大20台のペースで生産を開始する。発売初年度の売り上げは1000台以上を目標としている。

価格は約315万円程度とみられるが、正式な価格はアメリカでの発売が予定される11月中旬に明らかになるという。ギブス社はこの先1年間でアメリカ中西部、ニューヨーク、テキサスの他南東部で販売を展開していく。日本での発売を期待しながら映像をチェックしてみよう。




By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】BMWの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!