【ビデオ】最高14mも飛び上がれる! 『アイアンマン』の気分を味わえる「フライボード」に挑戦
今回は、AOLの乗り物やテクノロジーを紹介するサイト『トランスロジック』でホスト役のBradley Hasemeyerが「フライボード」という新しいウォータースポーツを取りあげたのでご紹介しよう。

フライボードは、フランスのZapata Racingが水上バイクの仕組みを利用し開発した、空高く舞い上がることができるボードのこと。まず、水上バイクのジェットポンプを取り外し、そこにフライボードのホースを接続。バイクの噴流がホースを通ってフライボードに流れ込み、水流の勢いで体が浮く仕組みになっている。さらに、手に持ったノズルで方向転換や高さ調整も自由自在。380度回転するベアリングがついているのでホースが絡まる心配はなく、最高で水面から約14メートルも飛び上がることができるという。

Bradley Hasemeyerは、昨年夏に挑戦したジェットバック「Jetlev R200」での空中散歩よりスムーズに乗りこなすことができたようで、アニメのヒーロー気分味わったようだ。日本でもすでに販売されており、価格はフライボード一式が65万円、必要な装備15万円となっている。

それでは早速、フライボードで空中散歩をしている様子を映像でチェックして頂きたい!


By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】フライボードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!