チャンピオン争いは2人に絞られた!? 2012年F1第16戦韓国GP決勝リポート
2012年F1第16戦韓国GP決勝レースが14日、韓国インターナショナル・サーキットで行われた。遅ればせながら、画像とともにレースのリポートをお届けしよう。

前日の予選でトップ・タイムを記録したのは、レッドブルマーク・ウェバー。前戦日本GPで優勝したセバスチャン・ベッテルが隣に並び、レッドブルは2戦連続のフロント・ロー独占。2列目はマクラーレンルイス・ハミルトンと、現在4ポイント差でチャンピオンシップ・ランキング首位を守るフェラーリフェルナンド・アロンソ。その後ろにロータス・ルノーのキミ・ライコネン、そして6番手が鈴鹿で2位に入ったフェラーリのフェリペ・マッサというグリッド順だ。ザウバーの小林可夢偉は、予選第2ラウンドのタイム・アタック中にイエロー・フラッグが振られたため減速しなければならず、13番手のタイムに終わった。



そして14日、日曜日の午後3時(日本時間も時差なし)に決勝レースがスタート。ポール・ポジションのウェバーがわずかにタイヤをスリップさせて出遅れたその横に、ベッテルが並んで1コーナーに進入。イン側のベッテルがウェバーの前に出ることに成功する。すぐに緩い2コーナーを抜けて長い直線。ここで4番手スタートのアロンソが、ハミルトンを抜いて3位へ上がる。勢いのあるアロンソはさらにウェバーに並びかけるが、ストレート・エンドの3コーナーはウェバーがポジションを守った。

一方の中団グループではアクシデントが発生。小林可夢偉はストレートからのブレーキングで、前列からスタートしたマクラーレンのジェンソン・バトンに右(イン側)から仕掛けようとするが、そのさらに右前方を走行していたメルセデスのニコ・ロズベルグが、3コーナー進入時に左へ寄って来てしまい、行き場のなくなった可夢偉のマシンと接触。はじかれるように可夢偉のザウバーはバトンのマシンに、右後方から追突してしまう。これでロズベルグとバトンはマシンを壊しリタイア。可夢偉はピットまで何とか辿り着き、フロント・ノーズとタイヤを交換して最後尾からレースに復帰する。



レースは序盤から2台のレッドブルが逃げる展開に。これまで何度も見せられた光景だ。3番手で彼らを追うアロンソだが、3周目には既にウェバーから1秒以上離されてしまう。

7周目、小林可夢偉に1周目3コーナーの追突事故の責により、ドライブスルー・ペナルティが科せられる。8周目にピットレーンへ向かう可夢偉。これでさらに大きく後れを取ってしまい、12周目には周回遅れとなる。18周目にレースを諦め、ガレージにマシンを戻してそのままリタイア。追突によるダメージが大きかったそうだ。



ストレートに残されたロズベルグのマシンがなかなか片付かず、レースは8周目までこの区間にイエロー・フラッグが出ており、DRS(可変リアウイング)が使用不可という状況が続く。これではオーバーテイクが難しい。従って順位の変動はほとんどなし。9周目にようやくこれが解除される。

このときトップのベッテルと2位ウェバーのタイム差は約2秒。そこから3秒以上離れてアロンソ。以下、4位にハミルトン、5位マッサ、6位ライコネン、7位にフォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグ。今回は追突事故を起こさなかった(別のドライバーが起こしてしまったが)ロータス・ルノーのロマン・グロージャンが8位という順位だ。



13周目の終わりに、上位陣ではまずハミルトンがタイヤ交換のためにピットへ向かう。ヒュルケンベルグ、グロージャンらがすぐに続く。次の周にはウェバー、マッサ、ライコネンもピットへ。さらに1周後、ベッテルとアロンソも1回目のタイヤ交換を済ませる。先にタイヤを交換することでいわゆる "アンダーカット"、ピット・ストップによる逆転を狙ったハミルトンだったが、アロンソは何とかその前でレースに戻れたため、上位に順位の変動はなかった。

20周目になる頃には、トップのベッテルと2位ウェバーの差が約6秒。その後ろにアロンソが大きく離されることなく3秒差で2台のレッドブルを追う。

真っ先に2セット目のタイヤを使い始めたハミルトンは、その頃すでにタイヤの消耗に苦しみ始めていた。ペースが伸びず、後ろからマッサに迫られる。

21周目、マッサはハミルトンをオーバーテイク。一時は来季のシートが危ないと噂されていた(つまりフェラーリをクビになると言われていた)マッサだが、鈴鹿からアロンソに比肩する速さを取り戻したように見える。比例してフェラーリに残れる可能性も高まっているようだ。

23周目になると、今度はライコネンに迫られるハミルトン。だが今度はそう簡単に抜かせない。要所を押さえて順位を守る。

24周目、ストレートでようやくライコネンがハミルトンの前へ。しかし3コーナーで再びライコネンを抜き返すハミルトン。



そろそろ2回目のタイヤ交換の時期が近づいて来た頃、アロンソはウェバーを上回るペースで追い掛ける。27周目に入るときには1位ベッテルと2位ウェバーの差が9秒以上に開き、代わりにウェバーと3位アロンソの間は1.5秒にまで縮まっていた。

ここで堪らずハミルトンが2度目のタイヤ交換のためにピットへ。これで最後まで走り切る作戦だとしたら、ちょっと早すぎるタイミングだ。レースが30周を過ぎても、まだ他の上位走行中のドライバーはピットに入らない。

31周目終了時にグロージャンが2回目のタイヤ交換へ。その次の周、ウェバーもピットへ戻りタイヤを交換する。

3位走行中のアロンソよりも、4位のマッサの方が速いペースで周回を続けている。34周目を走り終えたところで、アロンソも2度目のタイヤ交換のためにピットへ向かう。



この時、トップ走行中のベッテルのマシンも、右フロント・タイヤ(このサーキットでは最も負担が大きく掛かる)が辛くなっていた。コーナーのブレーキングでタイヤがロックしてしまい、コースの外側にはみ出してしまうベッテル。これを見たレッドブル・チームのピットは、慌てて「ボックス!(ピットに入れ)」と無線で叫ぶ。35周を走り終えてベッテルも2回目のタイヤ交換。後を追うようにマッサ、ライコネンもピットへ向かう。

上位走行中のドライバー達が2度目のタイヤ交換を終えたところで、順位は1位ベッテル、2位ウェバー、3位アロンソ、4位マッサ、5位にライコネンが上がり、頑張ったハミルトンだったが6位に後退。

38周目、マッサがアロンソの後ろ、1秒台まで迫る。ここでフェラーリ・チームのピットはマッサに「アロンソに近づき過ぎる。2~3秒差まで広げろ」と無線で指示。今回のレース、アロンソよりもマッサの方が "乗れている" ようだ。が、アロンソにはチャンピオンが掛かっている。近づき過ぎてアロンソの集中力を妨げるな、ということらしい。

41周目、ここで激しく6位を争うバトルが展開。すでに3セット目のタイヤが消耗しつつあるハミルトンに、後ろからグロージャンが攻め立てる。防戦するハミルトン。と、2人が通常のラインを外して抜きに掛かかったり、ブロックしたりしていたところに、後ろから迫って来ていたヒュルケンベルグがその隙を突いて一挙に2台をオーバーテイク。ちなみにこのヒュルケンベルグ、来季は可夢偉に替わってザウバーのシートに座るという噂がある。

42周目を終えたところで、ハミルトンは3回目のタイヤ交換へ。コースに戻ったときには順位を10位まで落とす。

47周目、1つでも順位を取り返したいハミルトンは、前を行くトロロッソのジャン・エリック・ベルニュに挑み掛かる。しかしトロロッソのマシンは最高速度が速い。DRSを使ってもハミルトンはなかなか抜くところまで行けない。

レース終盤、ラストスパートに入るアロンソ。ウェバーとの差は49周目に4秒あったが、50周目は3.8秒、52周目になると3.5秒まで、僅かながら縮まった。しかしウェバーも逃げる。



難なくトップを快走していると思われたベッテルにも、ピットから「右フロント・タイヤを気をつけろ」と無線で連絡が入る。

ここでハミルトンに思わぬ災難が。コース脇の人工芝がはがれ、その上を通過したハミルトンのマシンの右サイドにこれが張り付いてしまったのだ。ベルニュを追い掛けるどころではない。後ろから来ているザウバーのセルジオ・ペレスに追い回される立場に。

トップのベッテルには何度も無線で「右フロントタイヤがヤバイぞ」と連絡が入る。いつものことだが、2位以下を突き放してトップを独走していても、ベッテルは最後までトバし続けるクセがある。レッドブルのピットで、心配そうな顔で見守るクリスチャン・ホーナー代表とエイドリアン・ニューウェイCTO(チーフ・テクニカル・オフィサー)。



ようやく最終ラップになってペースを落とし、クルージング状態をとるベッテル。そのまま韓国人タレントの振るチェッカーフラッグを受ける。ベッテルはシンガポール、日本、韓国と、2年連続で優勝を記録。これでチャンピオンシップ・ポイントで首位に立つ。だがレース後のコメントで「我々はこの立場を守るためにベストを尽くさなければならない。シンプルに自分たちの仕事をしなければならない」と気を引き締める。2位は同僚のウェバー。昨日と同様、(順番は入れ替わったけれど)レッドブルのワン・ツーで幕を閉じた。「チームにとっては素晴らしい結果だったけれど、僕自身は複雑な心境だ」と本音を漏らす。3位に入ったアロンソは、これが精一杯。「表彰台を獲得できたことで、安堵の溜息をつくことが出来た」とコメント。チャンピオンシップ・ポイントではベッテルに逆転を許し、6点差で追い掛ける立場となった。

なお、韓国GP決勝レースの結果順位は以下の通り。

優勝 セバスチャン・ベッテル(レッドブル・ルノー)
2位 マーク・ウェバー(レッドブル・ルノー)
3位 フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
4位 フェリペ・マッサ(フェラーリ)
5位 キミ・ライコネン(ロータス・ルノー)
6位 ニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア・メルセデス)
7位 ロマン・グロージャン(ロータス・ルノー)
8位 ジャン・エリック・ベルニュ(トロロッソ・フェラーリ)
9位 ダニエル・リカルド(トロロッソ・フェラーリ)
10位 ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
11位 セルジオ・ペレス(ザウバー・フェラーリ)
12位 ポール・ディ・レスタ(フォースインディア・メルセデス)
13位 ミハエル・シューマッハ(メルセデス)
14位 パストール・マルドナド(ウイリアムズ・ルノー)
15位 ブルーノ・セナ(ウイリアムズ・ルノー)
16位 ヴィタリー・ペトロフ(ケータハム・ルノー)
17位 ヘイキ・コバライネン(ケータハム・ルノー)
18位 ティモ・グロック(マルシャ・コスワース)
19位 シャルル・ピック(マルシャ・コスワース)
20位 ナレイン・カーティケヤン(HRT コスワース)

次戦インドGPは2週間後、10月28日の日本時間午後6時半に決勝レースがスタートする。

最後に恒例となっている小林可夢偉のコメントを動画でどうぞ。




Related Gallery:2012 F1 Korean Grand Prix


【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!