未来のランボルギーニはめちゃくちゃカッコいい!
カリフォルニア州パサデナにある美術の名門校、アートセンター・カレッジ・オブ・デザインの学生が、「2015 ランボルギーニ ペルディゴン コンセプト」と命名したコンセプトカーの完成予想図を発表したのでご紹介しよう。

チェコからの留学生、Ondrej Jirecさんがデザインしたというペルディゴン コンセプト。その外観は、ブガッティ「ヴェイロン」を思わせる外観にステルス戦闘機のようなテイストが盛り込まれている。また、コックピットのデザインもすばらしい。こちらは「セスト・エレメント」と宇宙船の脱出ポッドが合体した感じ、という表現がぴったりだ。

このコンセプトカー・デザインは卒業後の活動を意識した作品とのこと。このままJirecさんにランボルギーニで働く機会をあげてもいいのではないだろうか。そんな気にさせてくれるペルディゴン コンセプトの画像を、早速チェックしてみよう。

Related Gallery:S&D Spinpad in HKEF(SE)2010


By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!