クルマ好きが挑戦してみたいことを実際にやってしまおうという当サイトのオリジナル番組、『リスト:車マニアが死ぬまでにやりたいこと1001』。今回は、ホストのジェシーとパトリックが独ミュンヘンにあるBMW本社に出向き、BMWが新車購入時にオプションとして行っている「ヨーロピアン・デリバリー」というプログラムを紹介する。
日本では馴染みのない「ヨーロピアン・デリバリー」。これは、米国・カナダなどに在住の購入者を対象にBMWが行っているプログラムで、ヨーロッパ旅行と新車購入が組み合わされたサービスだ。購入者は自国で車をオーダーし、独ミュンヘンのBMWデリバリーセンターに行って新車を受け取る。その際に、同じ敷地内にある本社を始めBMW博物館や工場見学のツアーといったVIPサービスを受けられるというから、車好きにはたまらない。納車後はそのまま愛車に乗ってヨーロッパでのドライブ旅行を満喫し、指定の降車地で車を預けて帰国。後日、車が自宅に届けられるというシステムだ。更に当プログラムで新車を購入すると、自国で購入するよりも7%値段が安くなるという。番組内では、このプログラムで「M3 カブリオレ」を購入した顧客の様子を追っている。 それでは、BMWでのツアーとBMW M3カブリオレ納車の様子を早速見てみよう。


By John Neff

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】BMWの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!